研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010/07/06

    航空券予約&渡米日決定!

    とりあえず住む場所も決まり、ようやく航空券を予約しました。

    7月の後半は夏休みに入るせいか…高い
    夫の分の航空券代だけでも費用から出してもらえるだけマシでしょうか
    どちらにしても、8月1日までには上陸していないといけないので選んでいられません。


    ということで、7月25日にサンフランシスコへ上陸することが決定しました


    住居は希望のUC Village内。
    間取りは希望通りではありませんが、到着後、再度waiting list(予約待ちリスト)に載せてもらい、
    希望の間取りが空くのを待つことにしました。

    またこちらの家は毎月1日からの入居が原則でしたが、今回は日割りで月中の入居を認めてくれるということで、
    26日から入居することになり、夫の出勤日まで1週間余裕を持つことができました


    引っ越しの船便も出発し、住んでいたマンションも引き払い、出発まで残り約2週間は私の実家で
    サザエとマスオ生活となります(笑)


    航空券を予約すると出発が現実味を帯びてきて、急に日本の家族や友人に対する寂しさが増してきました
    と同時に、気ぜわしさも増してきました






    2010/07/02

    船便発送

    クロネコ

    我が家のアメリカ行き船便の荷物たちです。
    夫の研究費から「物品輸送費」として支払いが認められたので、色々な物を諦めることなくアメリカに送ることができました。

    1ヶ月半後以降に必要になりそうな冬服やキッチン雑貨、夫の資料や本、唯一持って行くことを決めた日本の掃除機などなど・・・。
    結婚当初から海外引越しも視野に入っていたため、なるべく物を増やさないようにしていたため、ヤマト運輸の単身パックでも十分収まりました。


    家具や小物は私の実家や妹達に引き取ってもらったり、家電はヤフオクで売ったり、書籍類は夫の実家に送ったり・・・。
    家の中がガランとしてしまいました。
    ちょうど2年前、2人で入居した時はこんな感じだったね・・・と話していると、ついこの間のことのようです。


    アメリカに到着するのは1~1.5ヶ月後。
    無事、届きますように
    2010/06/25

    住居決定!

    渡米日も決められず半ば諦め気味でしたが、本日「UC village」より部屋が空いたとのを頂きました

    今月中に連絡が来なければ、早めに渡米をしてホテルなどに滞在し現地で探すつもりでした。
    これで渡米日も決めることができます。


    ただ…家賃の高い部屋しか空いていないとのこと
    第一・第二希望の部屋より毎月$200~500予算オーバーです
    食費の一部や携帯代金などに十分なり得る額…。


    迷いましたが、とりあえず今回空いた部屋に入居手続きをすることにしました。
    アメリカ式で『2 bedroom+1 bathroom :townhouse』、日本式の『2LDK:タウンハウス(2階建ての長屋?)』の間取り。
    庭もテラスも駐車場もあって1戸建て気分なのですが…今のところを持つ予定がないのと、
    なんと家賃が$1700(約17万円弱)
    確かに周辺の相場よりはvillageの環境も含めると高くはないのですが、village内では高め。


    とりあえず、今後同じ間取りでも家賃の安い方の部屋に移動も可能か?を問い合わせてみることにします。
    アメリカはお金で安全を買うとはいいますが、同じ敷地内なのであれば数年住む場所なので、もう少し値段が下がると嬉しいです。
    2010/06/24

    変圧器購入

    全ての家電は送料の関係で持っていけませんが、せっかく船便を利用するなら絶対持参したかった家電が『掃除機

    我が家は2人ともハウスダストのアレルギーがあり、アメリカの掃除機は「吸わない」「重い」「音がうるさい」・・・と全く使えないのをワーホリで経験しており、掃除機だけはちゃんと使えるものを用意しないといけないと思っていました。

    アメリカで日本の掃除機を購入することも考えましたが、日本タイプのものはアメリカのものと比べると高額。
    (紙パックでなくサイクロンとなるとダイソンの方が安いくらい。)
    Amazon.comでアメリカで購入する掃除機の値段なども調べましたが、船便が利用できるなら掃除機は持っていく方が安いので持参することにしました。
    幸いなことに我が家の掃除機はサイクロン式のため紙パックが不要のため、掃除機と変圧器だけ持参すればOKです


    日本の家電を持って行くとなると『変圧器』を購入しなくてはいけません。
    こちらのブログで変圧器の専門店を教えていただきました。

    秋葉原にある「東栄変成器?」
    初めて行った日はお店の場所を探すのに苦労してしまいました

    掃除機も使用できる変圧器は「TC-15」というもの。
    我が家の掃除機の定格消費電力は1000wのため、電源を入れた際にかかる電力1.5倍を計算しても,500VA(1.5KVA)はギリギリかなぁと思ったのですが、お店の方に聞いてみるとこれで大丈夫とのこと。
    1台(8,400円)購入しました。

    ギリギリまで掃除機を持っていくことを迷っていたため変圧器の購入もギリギリになってしまいました


    Amazonで調べた結果、性能にこだわりがなければ「炊飯器」「電子レンジ」などはアメリカで安く購入できるのが分かりました。
    電子レンジやオーブンは借りる部屋によっては標準装備。
    我が家も船便が利用できると分かる前は、1~2箱だけ船便を利用するかどうするかなど色々迷いました。
    結局単身パックの方が安かったので思い切って掃除機を持っていくことにしました。
    2010/06/19

    ビザ取得完了!

    今朝、大使館からパスポートの入ったレターパックが届きました

    皆さんのおっしゃるとおり、許可が下りてからパスポートが戻ってくるまでは1週間もかからず、
    すぐに戻ってきました。

    写真つきのビザシールが貼られていました。

    パスポートと一緒に申請書類(写真とレシートを貼り付けた用紙以外)も全て戻ってきました。
    念のため全部コピーを取っておいたのですが不要だったようです


    さて…次は出発日を決めて航空券を購入しなくては。
    まだ家が決まらないので、出発日をどうするか決めかねています
    <<戻る 次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。