研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/09/09

    Solano Stroll 2012

    3回目の参加です。
    最近「人が少なくて落ち着いて実験ができるから~」と土日出勤の夫が、わざわざ休みを日曜日にするほど楽しみにしていたSolano Stroll(ソラノストロール)です。
    ちなみに2010年(12)・2011年はこんな感じでした。
    DSC05211.jpg
    今年もたくさんのお客さんで賑わっていました。
    我が家も年々滞在時間が長くなり、今年は10時に家を出て再び帰ってきたのが5時でした。
    のんびり歩きながらブースをのぞいたり、屋台の食べ物をつまんだり、娘を追いかけたり(これが一番長いかも!?)、沿道のお店に入ってみたり・・・。

    今年はパレードから見ました。
    選挙があるからか今年は立候補者の参加が目立ちました。
    支持者には楽しいのでしょうが、選挙権のない我が家はイマイチ盛り上がれず
    お菓子やシールを配る団体も少なくなっているのは不景気だからでしょうか。
    そんな中盛り上がっていた(!?)この団体。
    思わず娘の目を覆ってしまったセクシー(女性目線では???な・・・)団体です。
    パパラッチのような男性が必死に写真を撮っていて、個人的にはそちらの方が気になって仕方ありませんでした。
    DSC05204.jpg

    さて今年気になったブース(出店)をいくつか。
    Berkeleyの絶品サンドイッチ店「Gregoire Restaurant」がパウンドケーキを販売していました。
    焼きあがったものかと思ったら、材料と型がセットになったキットのようなもの。
    試食は常に人だかりができていて、我が家は人の少ない朝の時間だったため4種類全部を試食させていただきました。
    DSC05194.jpg DSC05195.jpg
    なんと対応してくれたのはこのイラストの方(オーナー)です。
    店舗に姿を現していることがほとんどないので初めて実物を拝見しました。
    このお店のファンの私たちにとっては、芸能人にでも会ったような気分でした。

    Albany図書館のブース。
    DSC05193.jpg
    子供用の絵本から大人の本まで1冊$1で販売していました。
    ちょうど気になっていた本が1冊あったので娘用に購入。
    ただ今大ブーム中のトラックの本です。

    毎年楽しみにしている警察と消防のブース。
    今年は娘もあの帽子を被れるようになりました。
    ステッカーももらって大満足!
    白バイ(そういえばアメリカも警察バイクは白ですね)に乗せてもらいました。
    その他、消防車やパトカーに乗車することもできます。
    DSC05207.jpg DSC05208.jpg

    こちらも毎年観覧を楽しみにしている車の解体ショー。
    今回は大掛かりなツール以外に、小型のボタンを押すだけで窓ガラスにヒビを入れられる道具を紹介していました。
    緊急避難用に発売されているものだと思います。
    今回も無事コンバーチブルになって終了。
    「デモ用に廃車車両があったらぜひ消防に寄付して!」と呼びかけていました。
    DSC05216.jpg

    地元スーパー「Andronico's
    Kid'sドリンクが無料で配布されていました。
    ちょうど店内で娘のランチ用にベーグルを購入したところだったので牛乳などが手に入り大助かり!
    DSC05218.jpg DSC05219.jpg

    Solano Avenueで気になっているお店「Sweet Basil
    DSC05205.jpg
    何となくハイチェアーを置いていなさそうな(=Kids walcomeではない)気がして入る勇気のないお店でした。
    (yelpで調べると「Good for kids」になっているので実は置いているのかな?)
    今日は屋台が出ていたのでもちろん購入しました!
    pad thai(パッド・タイ)を頂きましたが、とても美味しかった!!
    ぜひぜひ店内でもう少し味わってみたい1品でした。

    娘がいるため観覧車などの乗り物は乗れなくなりましたが、今年は娘が自らポニーに乗りたいといい乗せてみました。
    1回$6でちょっと高い!?とも思いましたが、親も予想外の泣きもせず楽しんで手を振っている姿に感動し、一転安い$6となりました。
    意外と早いスピードでくるくると何周もします。
    ベルトが付いているのでお座りができればOK。
    上限は70パウンド(31キロちょっと)ですが、下限はないのでお座りができればOKのようです。
    DSC05229.jpg

    最近かかりつけの歯医者を探していたのですが、いくつか歯科医のブースもあり色々地元の情報収集ができてよかったです。

    今年はアムトラックのブースが見つけられなかったのと、子供服のお店で迷っていたらサイズがなくなってしまい帰ってからHPをチェックしたらかなりお買い得であったことが判明したので、来年はここは必ずチェックしようと今から誓ったのでした

    DSC05190.jpg DSC05221.jpg DSC05224.jpg DSC05225.jpg
    2012/04/21

    CAL DAY 2012

    午前中近所を娘とお散歩していたらお友達に遭遇。
    今日が『CAL DAY』であることを知りました。
    昨年は一時帰国中だったため今年を楽しみにしていたのです。

    午後は娘がお昼寝のスケジュールなので半ば諦めていたのですが、今日に限ってお昼ごはんの後すんなり寝る気配がありません。
    何となくバススケジュールを見てみると10分後の出発・・・よし!行ってしまえ!!と急いで準備をしてキャンパスに出かけました。
    (本当は車の方が早いのだけれど、こんなイベントのある週末は大学周辺は駐車場に困るので迷わずバスで。)

    DSC03724.jpg DSC03722.jpg

    CAL DAY・・・大学の学祭のような違うような。
    一般公開日というのが一番適切でしょうか。
    普段は開放されない部分も見て回ることができたり、博物館や美術館なども無料で見れたり、子供向けのイベントなどもあるようです。

    DSC03721.jpg
    まずは各所にあるインフォメーションでパンフレットを入手。
    とはいえ、娘は寝ているし終了まで2時間ちょっとの時間のところでパンフレットを見て周る程ではなかったので気の向くままに散策。

    DSC03723.jpg
    Cal Storeの前の噴水はプールとなっていました。
    子供だけでなく大人も飛び込んでいるのに驚きました

    音楽が聞こえてきたので音のなるほうへ・・・。
    DSC03725.jpg
    今日のような暑い日に木陰で聞く音楽はとても贅沢です。

    DSC03728.jpg
    屋外キッズコーナー。
    この他にもキャンパス内は昆虫採集のテントがあったりとイベント盛りだくさん。

    せっかくなので実験中の夫にもメールを送り誘い出してみました。
    メールを送ると「えっ!?キャンパスでそんなのやっているの!?」と
    この大騒ぎでさえ聞こえないほど夫のラボはキャンパスの端っこに位置しています。
    噴水前で待ち合わせをしたのですが驚いていました。

    娘も起きたのでガイド付きケーブルカー(シャトルバス)に乗車。
    DSC03727.jpg
    これはおススメ。涼しいし構内の雰囲気を楽に見て回れます。
    乗車は無料。
    シャトルストップ(停留場)に立っていると5~10分間隔でバスがやってきます。
    バスは6台走っているそうです。

    帰りにたまたま見かけたブースでこんなバッチを購入しました。
    1個50¢。
    DSC03738.jpg
    小さな缶バッチですがCalらしいモチーフ。


    こんなほのぼのした雰囲気の中、昨年から全米で流行っている(?)「OCCUPY(占拠)」がこの日も行われていました。
    DSC03731.jpg
    2011年のアメリカの「今年の言葉(流行語大賞のようなもの)」にも選ばれたOCCUPYは、ニューヨークで格差是正を求めてウォール街を占拠したことから始まり、全米各地でOCCUPY活動が行われるようになりました。
    Berkeleyのキャンパスでも昨年末頃に大規模なOCCUPYがあり、警察が出動したりという大きなニュースになっていました。
    (ちなみに今UC Villageに隣接する土地でも行われています。)

    この他にも「神はいない!」というプラカードを持ち白いビキニを着て歩く女性なども見かけ、リベラルな校風が特徴といわれるBerkeleyらしいのかなぁと思いました。

    2012/01/06

    Baby Showerのホスト!

    今日は我が家でお友達のBaby Showerを開催しました。
    Village内のパーティールームで開催する予定が、今週はキッズ・キャンプ(冬休みの子供のイベント)のため部屋を予約できず・・・。
    少々狭い我が家ですが、皆さんをお招きすることになりました。
    P1000993.jpg

    Baby Shower(ベビーシャワー)は臨月を迎えた妊婦さんを囲んで赤ちゃん誕生をお祝いするパーティーのこと。
    アメリカ特有のイベントのようです。
    というのも今日参加した外国人の方も皆「自分の国には出産前にお祝いする習慣はないわ」と言っていました。

    今回はティーパーティーの時間帯で開催しました。
    お菓子をつまみながらというのが女の子のパーティーっぽい

    さて、いざ企画したものの私も過去に自分がベビーシャワーをしてもらった経験だけなので、どんなことをしていいのか分からず、ネットで色々調べてみました。
    すると検索すると驚くほどたくさんのアイデアがでてきます。
    「ベビーシャワーの100のアイデア」なんてサイトまであるくらい!

    その中から次の4つのゲームをしました。

    ベビービンゴ
    数字の変わりに赤ちゃんに関する単語でビンゴを行います。
    結構「これってどんな物?」なんて用品名も登場するので、それを教えあうだけでも盛り上がります。
    P1000999.jpg

    妊婦さんのお腹サイズ当て
    みんなで妊婦さんのお腹のサイズを予想します。
    予想したサイズ分に皆さん毛糸やリボンなどを切り、実際に妊婦さんのお腹周りを計測したリボンなどと比べて一番近い人がwinnerになります。
    今回はトイレットペーパーを使用。でも1つ難点が・・・。トイレットペーパーにはミシン目が入っているので同じ長さになる人続出!
    でも今回ぴったり賞の方がいて、こちらもとても盛り上がりました。

    ベビーフードの味当て
    ベビーフードの瓶のラベルをはがし番号などを振っておきます。
    それを味見し何味が入っているかを当てます。
    予め選択肢を与えておき、またその瓶には何種類入っているかを書いた解答用紙を配りました。
    それでも皆さん苦戦していたようです。13点満点のうち最高点は7点でした。
    P1010005.jpg P1010016.jpg

    オムツくじ
    オムツの内側に1つだけチョコレートを塗っておきます。
    オムツをリボンなどで丸め、くじ引きのように引いてもらいます。
    せーので開封!
    チョコレートオムツを当てた方がwinnerです。
    これが意外とリアルなので見た目的にとても盛り上がりました。
    P1010008.jpg


    パーティーの後半はギフト開封。
    P1000990.jpg
    ひとつひとつ開けてもらい最後にオムツケーキをプレゼントしました。

    今回、このオムツケーキは私が作りました!!
    1年前に私のベビーシャワーで頂いたオムツケーキがとても参考になりました。
    オムツを丸めながら「このサイズのオムツを娘が使っていたのは3ヶ月の頃だったかなぁ。産まれてくる赤ちゃんも3ヶ月後にはこれを使うのね」なんて思いながら、幸せな気持ちにさせてもらいました。
    ちなみにこのオムツケーキ、コツさえつかめば結構簡単。
    まずはオムツを1つずつ丸め輪ゴムやリボンで丸めます。
    DSC03154.jpg
    それを下から「三重・二重・一重」の円に丸めていくだけ。
    最後は可愛らしくデコレーションして完成です。


    最後に今回の主役である妊婦さんがみんなにThank you giftを配ってくれました。
    アメリカ的にはお祝いに対するお返しはThank you cardのみ。
    でも今回彼女の心遣いでみんなにお返しのギフトが用意されていました。
    なんとなんと!Berkeleyでお花の会FOLIAGEを開催されている方の手作りバスソルトを頂きました。
    P1010017.jpg
    バスソルトはデトックスとリラックスの2種類あり、それぞれに効果のあるハーブが入っています。
    ギフトが開封されただけでお部屋の中がとてもいい香りになりました。

    予定日まであと3週間。
    みんなでワクワク楽しみにその日を待ちたいです
    2011/12/13

    White Elephant Gift Exchange

    夫のラボのクリスマス・パーティーがラボの方のご自宅で行われました。
    (1週間以上遅れての更新です。)

    アメリカのクリスマス・パーティーでのプレゼント交換といえばこの2つが定番です。
    『White Elephant Gift Exchange』と『Secret Santa』

    White Elephant Gift Exchange
    1人1つプレゼントを持参します。
    起源は不要品の持ち寄りだったようですが、今は$20くらいという値段を決めてラッピングされたプレゼントを持ち寄ります。
    プレゼントを持ってきた人はくじを引き順番を決めます。
    まず1番の人が好きなプレゼントを選び、みんなの前で開封します。
    2番の人は、1番の人のプレゼントがよければそれを「steal(盗る)」か新しくプレゼントを開封するかを選ぶことができます。
    2番の人がもし1番の人のプレゼントをstealしたら1番の人はまた新しいプレゼントを開封します。
    3番以降はこの繰り返し。1番か2番の人のプレゼントを盗るか新しいプレゼントを開封するか。
    尚、1つのプレゼントは3回までしかstealできません。つまり3番目にstealした人の物になります。

    遠慮なく人のプレゼントをstealするのがこのプレゼント交換の醍醐味。
    プレゼントを持っていかれる度に盛り上がります。

    我が家にやってきたのは怪しい「zombie brain gelatin mold」というゼリー型
    実はあまりに怪しすぎて私がstealしてGETした品なんですけれどね~
    s-DSC03075.jpg


    自宅を提供してくれたのは夫のラボの院生。
    去年婚約パーティーに招待していただいたカップルの新居。
    暖炉のある素敵なお家でした。
    s-DSC03062.jpg

    今回のパーティーはポトラックでした。
    何を持っていこうか迷い、日本のホームパーティーといえば・・・の「ちらし寿司」と「鶏のから揚げ」を持参しました。
    やはりサーモンやアボガドがのっているお寿司はみんな大好きですし、アメリカのフライドチキンとはちょっと違う日本風フライドチキンの味はさっぱりとかつ味がしっかり付いていて大好評でした。

    2011/12/03

    CHILDREN'S HOLIDAY PARTY @I-House,UCB

    大学のInternational House主催、子供向けのクリスマスパーティーに参加してきました。

    2時~4時のパーティーだったのですが、実際に始まったのは2時半過ぎ。
    それまでは用意されたお菓子を頂きながらおしゃべりしたり、子供用に用意されたクラフトを楽しんだりして過ごしました。

    広い会場は人で溢れています!
    驚いたのは日本人の割合が結構多かったこと。
    DSC03036.jpg

    中ほどに天井まで届く生のツリーの木!
    DSC03034.jpg

    参加者の受付がひと段落した頃、マジシャンが登場して手品ショーが始まりました。
    DSC03037.jpg
    子供向けながらも、大人も真剣に見てしまいました。
    中でも驚いたのが最後に行われた手品。
    「ピザを作りましょう」と言って大きなシルバー色のお皿に塩や卵に牛乳、そして笑いを誘う変な液体を入れていきます。
    蓋をしてポン!と叩くと・・・なんと真っ白なウサギが登場しました!
    その後客席を周り、ウサギを子供たちに触らせてくれました。

    その後、今日の目玉!!
    サンタクロースの登場です
    DSC03046.jpg
    鈴を鳴らしながら入場すると子供たちは一斉に駆け寄ります。

    ツリーの前のサンタの予約席に座ると、サンタクロースから一人ひとりにプレゼントが渡されます。
    プレゼントは主催者のおばさま&おばあちゃま達が手作りしてくれたクマの人形
    そうBerkeleyと言えばの「CAL BEAR(大学のシンボルがクマ)」です。
    DSC03052.jpg
    色も薄い茶・濃茶・グレー・毛足の短い子・長い子・・・様々でした。
    手作りの温かみが詰まっています。

    サンタクロースからプレゼントを渡され、そして一人ひとりサンタと記念撮影。
    ありがたいことに小さい赤ちゃんから優先的に撮らせてくれました。
    なぜって・・・時間帯的にみんなグズグズモード。
    写真を撮ったら急いで帰り支度をして家路に着きました。
    <<戻る 次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。