研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/11/08

    ようやくEAD申請

    8月に3年目に突入する際に、SSN(ソーシャル・セキュリティーナンバー)申請をすべくEAD(労働許可)の申請を行うと言っていましたが、実際に働くわけではないため手続きを延び延びにしておりました。
    11月に入り今年もあと2ヶ月。
    さすがに来年に持ち越したくないと思うようになり、ようやく重い腰をあげて一気に書類を整え本日郵便局に投函してきました。

    集中して行えば「書類を整えるだけ」の何てことない手続きなのですが1通だけ英文を書かないといけない書類があり後回しにしていました。
    でもこれもサンプルがネット上でたくさん掲載されているため、ど~ってことない英文だったんですよね
    3年もアメリカに住んでいるのにこんな書類さえ後回しにしてしまう程の英語力のワタクシです・・・反省

    数年前は面接があったと聞きますが、今は書類提出のみで簡単に取得できるEAD。
    逆に書類に不備があるとなかなか手続きが進まないということになります。
    私が参考にしたサイトはこちら「J-2 Work Authorization
    UC Berkeleyのオフィシャルサイトに掲載されています。
    必要な英文レターのサンプルもこちらのものを自分用に加工するだけ。
    加工する分は丁寧に太字になっているので簡単です。

    書類が整ったらあとは郵便局から投函するだけです。
    小切手を同封するので「Certified Mail」を使うのがおススメです。
    IMAG0806.jpg
    料金は$4.05。
    書類の追跡が可能です。
    オンライン申請もできますがボチボチ手続き書類を整えたので私は郵送を選びました。

    書類が先方に届いたら携帯のtextメッセージまたはe-mailでお知らせが来るので、現在手続きがどこまで進んでいるかオンラインで確認することができます。

    ようやく年内の気になり事が1つ片付きました。

    コメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    2012/11/10(土) 12:47:59 || # [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。