研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/08/10

    Yellowstone&Grand Teton旅行記(2012年8月) 3日目②

    タワー滝の後に向かったのは「Canyon Country」
    イエローストーン国立公園の名前の由来となったイエローストーン大峡谷(Grand Canyon of the Yellowsone)
    」を見ることができます。
    岩は硫黄を含んだ熱水と蒸気によって黄色く変色しもろくなり、そこに川が流れて侵食し1万年以上かけて峡谷となったんだそうです。

    個人的には6日間の旅の中で一番感動したポイントでした。
    自然が造りだした壮大な景色に言葉が出ませんでした。

    ここから流れ落ちる滝「Upper Fall(アッパー滝)」と「Lower Fall(ロウアー滝)」を見ることができます。
    地球の歩き方09~10年(アメリカの国立公園)に掲載されている地図の一方通行とは現在逆向きになっているのでエントランスで貰う地図を確認して進みます。

    Lower Fall
    DSC04934.jpg

    DSC04947.jpg DSC04963.jpg
    黄色く輝く峡谷が息をのむほど壮大で美しく自然の広大さに感動しました。
    写真ではどうしてもその素晴らしさを伝えることができないのが残念。

    Upper Fall
    DSC04953.jpg DSC04957.jpg 
    ロウアー滝と比べると落差が少ないので若干迫力にはかけますが、ちょうどこの時虹がかかっていてとても綺麗でした。

    途中にわか雨にあったりしましたが、少し待てば雨の間の晴れ間が一瞬あるのでそこを狙いつつ見学しました。


    名残惜しさはありつつも次へ向かいます。
    ここを南下していくとバッファローがたくさん見られるポイント「Hayden Valley(ヘイデンバレー」を通ります。
    DSC04974.jpg DSC04977.jpg
    ガイドブックにあるようにバッファロー渋滞が起こっていました。
    バッファロー渋滞とは車道をバッファーローが通過するため車が一旦停止するので起こる渋滞です。
    それに加えてバッファローを写真におさめようと、車を車道や路上に停車するので余計に混乱が起こって進まなくなります。

    この日は野生動物についている日でした。
    (1~2日目は全く動物に遭遇せず見ないまま帰るのではないかとさえ思ったほど)
    特にラッキーだったのがブラックベアーを見ることができたことです。
    無題5
    ビデオカメラのズームを使って撮影しましたが、肉眼でも十分に分かる距離でした。

    DSC04980.jpg DSC04982.jpg
    エルクのオス(角がある方)とメスかな。
    Mule Deer(ミュール鹿)と一瞬迷いますが、恐らく耳がそこまで大きくないのでエルクかなぁと。

    動物がいる場所は必ず誰かが先に車を停めて撮影しているので必ず気づくことができます。
    逆にちょっと休憩するのに停車している車に惑わされてうっかり停車してしまうことも


    さて寄り道をしながら来たので遅くなってしまいましたが本日の宿は「Grant Lodge」です。
    2階建てのモーテルタイプ。
    到着時、既に暗くなっていたことと小雨が降っていたことともありチェックインに手間取ってしまいました。
    チェックインの建物が全く見つけられませんでした。
    お店とレストランとチェックイン建物と・・・が一ヶ所にまとまって立っているのではなく、それぞれが遠くないものの若干離れているため見分けがつきませんでした。
    そしてチェックインの建物は宿泊するモーテルと離れていることも分かりにくかった原因です。
    やっと見つけてオフィスに入るとコンピューターがダウンしてしまって手続きできず、先にレストランを紹介されえ夕飯を取ることに。
    Grant Village Dining Room
    もう少し明るい時間で天気のいい日だったらとても綺麗だっただろうなぁとちょっと残念。
    お料理は今までの中で一番よかったです。
    DSC04983.jpg DSC04984.jpg
    「Molasses-Brined Pork Chops」と「Wild Game Meatloaf」
    後者はバイソンとエルクのミートローフです。
    でもお味は前者のポークチョップの方が断然上でした。

    こちらではランドリーが近くにあるためこちらで洗濯をすることに。
    他にもキャンプ場を中心に国立公園内に数ヶ所ランドリーがあります。
    我が家は最初から荷物の量を考えて洗濯することを決めていたためTargetで1回分の洗剤パウチ(液体Tide)を購入して行きましたが、現地でもTideの粉石鹸(1回分)などを購入することができます。

    明日はイエローストーン最終日です。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。