研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/06/07

    検診(二人目)16w3d

    安定期に入ってから始めての検診。
    ドクターを変更したので始めて会うドクター。
    そして今回から医療通訳の方がつくことになりました。

    新しいクリニックは待合室が広く明るく、また駐車場も無料(常に満車で激戦ですが・・・)でポイント高し
    少~し待たされましたが(アメリカ的に)、待合室にはおもちゃも置いてあり娘も退屈せずに待つことができました。

    今回も体重測定と尿検査、血圧測定をナースが行ってくれました。
    Alta Batesの登録用紙をもらいました。
    また百日咳のワクチンの説明もありました。
    私は娘を出産後にワクチン接種済みですが、どれくらいの期間有効なのか確認しておこうと思います。
    (確か5年か10年くらいは有効だったような・・・。)

    その後ドクター登場。
    心音の確認と今回から子宮底長の測定です。
    聞かないと数字は教えてくれなさそう・・・。
    記録はオンラインにログインすれば見ることができるのですが、子宮底長が分からず、母子手帳に記録したいので次回確認しようと思います。

    最初、赤ちゃんの心音が見つけられずちょっとドキッ。
    でも胎動があるので心拍が止まっているはずはないので、そこまで不安にならずにすみました。
    胎動全てではないけれど、やはり胎動がある安心感は大きいです。

    20週の超音波検査の案内を受け今回は終了。
    医療通訳の方は道路事情でちょっと遅れて参加。
    日本人が来られるのかと思って少し(なんとなく)緊張していたのですが、中国か台湾系の日本語を話す方。
    なぜか少しホッとしてしまいました。
    やはり同じ日本人同士だと緊張度が違うのでしょうか・・・。それとも今回来てくださった方がフレンドリーだったからかな。
    あまり訳してもらう場面はなかったのですが、細かい時にやはりいる安心感は大きかった気がします。


    次回は1ヵ月後。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。