研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010/08/07

    Blue Bottle Coffee

    ここもやはり行きたかったお店。
    『Blue Bottle Coffee』
    Blue Bottle Coffee


    サンフランシスコを拠点にしていて、有名店でもサーブされているこちらのコーヒー。
    ガイドブックでも「SFで今一番人気のコーヒーショップ」と書かれています。
    こだわりは豆を焙煎してから新鮮なうちにサーブすることと、ドリップコーヒーはマシーンではなく一杯ずつ入れることだそうです。
    ちなみに日本では、渋谷西武モヴィーダ館 B1Fに入っている『Potluck at Opening Ceremony』で味わうことが出来るそうです。


    休日のランチタイムだったこともあり、行列ができていました。
    でもせっかくなので味わってみたい!というとで、並ぶこと15分。
    本当はドリップを注文しようと思っていたのですが、他の方が注文したラテアートに惹かれてしまいラテを注文してしまいました。
    Blue Bottle Coffee
    こちらのエスプレッソショットはマシーンです。

    お味は・・・苦味などもなく意外とさっぱりという感じです。
    これはやはりドリップを試したい!と思いました。
    ちなみに我が家のあるSFの東側(East Bay)に本店があるそうなので、ドリップはそちらへ行ってゆっくり味わいたいと思います。


    店内ではコーヒーの器具も販売しています。
    なぜかフィルターやサイフォンなど全て日本の物。
    (ガラス製の急須もありました)
    Blue Bottle Coffee Blue Bottle Coffee

    我が家は夫がカフェインアレルギーのようなので、我が家にはコーヒーもコーヒーメーカーもありません。
    せっかくなので、今度ここのドリッパーとディカフェの豆を買ってみようかなぁと思います。


    それからこちらでフード(ワッフルやクッキー)を注文すると、コーヒーフィルターに入れて出してくれます。
    コーヒー店らしい使い方ですね

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。