研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011/02/15

    オムツ研究!(アメリカ製品の比較)

    アメリカにも色々な種類の紙オムツがあります。
    私の場合は日本で育児をしていないので、日本の紙オムツの質が分からないのですが、基本的に「紙物(ティッシュペーパー・ノートなど)」は何をとっても日本製品の方が質も良く値段も安いと感じます。

    さてオムツは直接赤ちゃんの肌に触れるもの。
    母親としては「肌に負担の少なく」かつ頻繁に交換するので「お値段の安い」ブランドを見つけたいもの

    新生児サイズは使用期間が短いので、どのブランドもcount(パッケージ個数)30個から販売しています。
    つまり・・・色々試せる訳で、退院後、ネットからいくつか注文してみました

    購入したのは以下の6種類。
    Pampers(Swaddlers:36ct.) (Swaddlers Sensitive:30ct.)
    P1000268.jpg P1000269.jpg

    Huggies(Supreme Little Snugglers:36ct.) (Pure & Natural:30ct.)
    P1000265.jpg P1000266.jpg

    Seventh Generation (40ct.) Earth's Best (40ct.)
    P1000271.jpg P1000273.jpg

    出産前に割引クーポンを頂いていたので今回はDipers.comを利用。
    お値段は引後価格で全て$9.99でした。

    ちなみに「おしっこサイン」があるのはPampersHuggiesのSupreme Little Snugglersだけでした。
    HuggiesのはハッキリしているけれどPampersのサインは色が薄いので比べるとちょっと分かりにくいと感じました。
    (でも慣れれば一目でおしっこをしているか分かります。)

    また全てのNBサイズに共通なのが、へその緒がついている時期でもOKなように、お腹の部分が「U字」にカットされているか股上が浅めになっています。
    これはとても便利でした。

    Pampersの特徴
    ・ベビーパウダーの香りがする。(特にSwaddlersの方が強く、Sensitiveの方が香りが弱いと感じました。)
    ・内側がメッシュになっている。
    ・他社ブランドよりフワフワしている。
    ・テープが黄色なので見やすい。

    Huggiesの特徴
    ・テープの先が丸くなっているので、はめる時に剥がしやすい。(他ブランドは若干剥がしにくい気がします。)
    ・紙自体は柔らかく、個人的には一番はめやすかった。

    Seventh Generationの特徴
    ・テープが大きく長いので、はめる時に剥がしずらい。
    ・無香料・無漂白なので肌に優しいが、外側がいかにも「紙」という感じがする。
    ・足回りのギャザーが少し硬い。

    Earth's Bestの特徴
    ・他ブランドが4.5kgまでだが、このブランドのNBサイズは5.0kgまで。(見た目的には他ブランドと大きさはあまり変わらないがウエストが少し大きめ。)
    ・無香料・無漂白なので肌に優しいが紙の臭いが気になる。
    ・内側がメッシュになっている。



    私はどうしても香料付きがニガテだったのと、慣れないオムツ替えの時にテープが剥がしにくいのが面倒だったので、剥がしやすくて無香料でおしっこサインのある「Huggies(Supreme Little Snugglers)をリピートしてみました。
    しかし・・・使っていると時々おしっこが多いときに、お尻に吸収ポリマーがつくのが気になるようになりました。
    一度はたくさんついていて洗い流したことも。

    そこで次はPampers(Sensitive)の病院からもらったサイズ1を使用。
    香りは気になりますが、おしっこサインに慣れてしまうとやはりないよりはあった方が便利。
    しかしサイズ1は4000gちょっとの娘にはちょっと大きめ。

    でもNBサイズもそろそろ小さめ。
    そこで5kgまで使えるEarth's Bestを購入することにしました。
    おしっこサインはありませんが、おしっこをしていればオムツが膨らみ見た目にも触っても分かるので、サイズ1になるまではこちらを使用しようと思います。

    ・・・でNBサイズを卒業したら何を買うか。
    たぶんPampersのSensitiveを購入すると思います。
    紙も柔らかく吸収ポリマーがお尻につくこともなかったので・・・という、どちらかというと消去法的なのですが

    日本では「セレブオムツ」などと言われている(らしい)Seventh Generationも、NBサイズは割安でしたがサイズが大きくなるとPampersやHuggiesの倍の値段になります。
    紙質は特にセレブという気がしませんし、何よりPampersはSaleをしていたりクーポンがあることが多くいため、消耗品としては価格的に

    ちなみにAmazon.momなどでは送料無料で2日以内には自宅に届けてくれますし、何ヶ月ごとに何箱というような自動注文システムがあるため、買い忘れて慌てるなんてことがなくなりそうです。


    《後日記》
    Amazon.momの自動注文(Subscribe and Save)がオムツは一番安いです。
    気に入った商品が安値の時に登録しておくと、その後々商品の値段が上がってもずっと登録した時の価格で購入できます。
    色々調べましたが、この方法を利用するとcostcoなどよりも安く購入できます。
    Subscribe and Save商品は届くまでに若干日数がかかるのが難点ですが、Subscribe and Saveのキャンセル・お届け回数の変更なども簡単にできるので便利です。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。