研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011/01/21

    日本から用意したもの(ベビー編)

    ベビー用品に関しては育児の考え方の違いで用意する物も異なると思いますが、私が口コミなどを読んで日本製をあえて用意したものを記録として残しておこうと思います。


    哺乳瓶『母乳実感』
    念のために用意した哺乳瓶。
    でも結局2日で病院を退院するため、退院する時点では母乳はまだ出ず・・・
    体重が10%以上落ちてしまったことや、アジア人のため最初の6日間は飲ませて排泄を促さないと黄疸が出てしまう恐れもあることから、粉ミルクが必然的に必要になりました。
    哺乳瓶はアメリカにもたくさん種類がありますが、母乳実感の「母乳育児を応援する哺乳瓶」というコンセプトが気に入り、私は日本の物を購入。
    ボトル(ついていた乳首は2~3ヶ月用)自体は頂いていたので、日本からは新生児用と1ヶ月用の乳首を持ってきてもらいました。
    1個ずつしか購入しなかったのですが、母乳の出によっては消毒回数が多くなり乳首がへたってくるので2~3個用意するといいかもしれません。

    ちなみに両親学級では『Dr.Brown's』の哺乳瓶を勧められました。
    こちらのいい点は、赤ちゃんがミルクと一緒に空気を吸い込みにくい構造になっていて、ガスがたまることによって起こる夜泣きや吐き戻しなどが軽減されることと、BPAという有毒成分を使っていないということだそうです。

    《後日記》
    母乳実感はとてもいい哺乳瓶でしたが、乳首を新しいものにしたいと思ってもすぐに手に入らないのが難点でした。
    意外と最初のころはヘタリが早いため多めに用意するか、アメリカで手に入る物を使用するのをお勧めします。
    (2人目はたぶんアメリカで購入できる物に買い換えるかなと思います。)


    極細綿棒
    アメリカのBaby用綿棒はサイズが大きく日本製の大人用と同じくらい。
    日本でいう極細は日系スーパーなどで手に入りますが、近くに日系のお店がない場合は持参されるといいと思います。

    ガーゼハンカチ
    特に授乳の際に大活躍。1日10枚近く使うことも。
    ミルクが口の中に溜まっているのを拭いてあげたり、吐き戻してしまった際に使ったり、ゲップが出なかった後に寝かす際に口元にちょっとひいておいたり、沐浴の際に使ったり。

    沐浴用に「Washcloth」吐き戻し用に「Burpcloth」と購入するならば、日本のガーゼハンカチで全て対応できるので値段も安いのでオススメです。
    何枚あっても活用できます。

    鼻吸い器
    『ママ鼻水トッテ』
    51XK5JENNNL.jpg
    アメリカにも親がチューブを使って吸うタイプはありますが(Berkeley Bowl Westで見かけました)、なんとなく同じものならば日本製の方がいいなぁと感じ他の物を送ってもらうついでに一緒に入れてもらいました。

    尚、アメリカの一般的なタイプはこのような形状。
    結構穴が大きく「これは赤ちゃんの鼻に入るの!?」というのが私の個人的感想ですが、嫌がって横を向いてしまう前にチュッと吸ってしまえるのでこのタイプの利点はあるかも・・・。
    使用後に洗った後に中までしっかり乾かせるのかが気になります。
    1NasalAspirator.jpg
    いずれにしても口コミなどを見ると慣れだそうなので、どちらでもいいと思います。

    《後日記》
    新生児の頃は必要ないのですが1歳近くなると風邪をひいたり気温が下がったりするだけで鼻水が出ます。
    鼻水はこまめに吸ってあげないと中耳炎になる危険があります。
    この「ママ鼻水トッテ」はとても大活躍です。
    1つだけ難点なのが親が吸うので風邪ウィルスが親にも感染してしまう可能性があること。
    風邪で鼻水が出ている時に吸引した後はうがいをするといいと思います。


    誕生記念アイテム
    赤ちゃんと私たちの記念になる物をと思い、日本から持ってきてもらいました。
    『ちりめん へその緒入れ さくら』
    オーソドックスに桐の箱のタイプにしました。
    41e0oVblzlL_AA300_.jpg
    後から知ったのですが、こちらと全く同じ物ですが、ちりめんの袋に名前と生年月日を刺繍で入れられるお品も販売されていました。
    お値段は倍になりますが記念にするにはいいなぁと思いました。

    『うぶ声セット』
    紙のタイプと迷いましたが長く保存しやすいことを考えこちらに。
    手形足形を取るのが難しそうですが、ネット上でコツなどが書かれていたので参考にしようと思います。
    41IrsPwZ-1L_SL500_AA300_.jpg



    《後日記》
    基本的に日本から持ってきた方がいいものは、本当に少ないと思います。
    むしろアメリカ製の方が気候風土に合っていていい場合も。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。