研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010/01/28

    夫が電話面接を受けた日

    ポスドクのアメリカ修行は、まず行き先を決めるところから。
    公募をしているところからしていない研究室まで、自分の希望する研究室のボスにメールを送ってその返事を待つというスタイルのようです。
    何通も送ってそのうちの1~2通が忘れたころに届く・・・なんていう体験談をたくさんネット上で見ていたので「まだまだ先は長いわ」なんて思っていたのですが…。

    夫がある研究室(公募中)にメールを送ると、即日返信が!!
    さすがにびっくりしました

    そしてメールには「まずは電話で話をしたい」とのこと。

    時差を計算して日本時間の10時・アメリカ時間17時にこちらから電話をかけることに。
    なんだか私も落ち着かなくて、夫が電話をかける日は私まで仕事を休んで待機してしまいました
    と言っても、私が家にいると落ち着かないと思うので1時間ほど出かけていたのですが…。

    夫からメールで「今終わった~」と届いたので家に帰ると、脱力した夫の姿が
    「どうだった?」と聞くと「何を話したか覚えていない~」と(笑)
    ひとつ英語が聞き取れなくて変な回答をしてしまったやりとりがあったそうでちょっと落ち込んでいました。
    (でもその後ちゃんと理解しなおして答えたんだから、きっと大丈夫だよ

    で結果ですが…「一度こっちに来れない?」と言われ、採用とも不採用とも言われなかったそうです。

    ネットなどの情報によると、一般的には日本にいる研究者が海外の研究室に応募したときは電話面接のみで決まることが多いようなのですが…
    今回の電話だけでは採用を決められなかったということ??と2人で不安になります。

    とりあえず全くダメなら呼ばれないだろうから、前向きな渡米と考えようということになりました。
    まだしばらくドキドキ落ち着かない日が続きそうです

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。