研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010/10/31

    Trick or treat!

    今日がハロウィンの当日
    Village内では『Trick or treat』は午後6時~8時の間と一応決められています。

    タウンハウス形式の家が並んでいる場所柄、子供達がいっぱい来るとは聞いていましたが6時になった途端来るわ来るわ
    ピンポン・ピンポン・ドンドンドン
    親と一緒に1人で来る子もいれば、友達と団体で来る子もいます。
    Trick or treat

    我が家はリビングから玄関まで階段を降りないといけないのですが、あまりにもひっきりなしなので仕舞いには玄関ドアの前で待機していました

    Costcoで買った150個入りのチョコレート。
    昨日数個配り今日のお昼に数個私たちが食べたとはいえ、120~130個はあったはずなのに1時間後の7時の時点で残りが30個程になっていました。
    慌てて戸棚のお菓子で配れそうな物を追加。
    それでも7時40分にはお菓子がなくなってしまいました
    最初の方の子にきちんと「1人1個ね」と言っていかなかったのがいけなかったのかもしれません…。
    途中から言っていったのですがそれでも2~3個掴むので「1個ね~」とジェスチャーで強調しながら渡しました
    終了時には即「お菓子終了」のコメントを書いてドアに貼りました。
    我が家のご近所は同じようなお宅が多く、7時半過ぎには終了の張り紙が出ている家が多かったようです。

    Village内のお友達に話すと、そんなに来るのはすごい!とのこと。
    やっぱり玄関に電飾を飾りランタンを置いていたのが効果的だったのかもしれません。

    さてTrick or treatに来る子供達、みんな可愛かったり面白かったり怖かったり・・・色々な衣装を着てきました。
    Trick or treat Trick or treat Trick or treat
    Trick or treat Trick or treat Trick or treat Trick or treat 

    来る子供達を写真におさめていたのですが、みんなお菓子を掴むと「Thank you~」と言い「さっ次の家」と言わんばかりにさ~っと行ってしまう上に、こちらも渡しながら片手でシャッターを切っていたので全部ブレブレ。

    小さな子供にはお母さん方が「ほら何ていうの?Trick or treatよ」なんて言いながら、そして子供も照れながら「Trick or treat」と言い、お菓子をもらった後は「ありがとうは?」なんて言われていて・・・。
    なので、こちらもそんな子には「ありがとう」と言ってくれるまでドアは閉めずに待ち、しっかり「どういたしました」と伝えました。
    そんなやり取り・・・どこの国でも同じですね

    ちなみに私たちも仮装をしていたのですが、ドアを開けるとみんな喜んでくれてお母さん方に子供と一緒に写真を撮らせてなどと言われたりビデオに撮ってもらったりしました。
    私は女王の衣装だったのですが「プリンセス~」などと素敵な言葉をかけてもらい、夫はドクターの衣装を着ていたのですがちょっと風邪気味だったのでマスクをしていたのがこれまた雰囲気を増し「Oh~!ドクター!!」などとこちらも喜んでいただけました。

    印象的だったのが、欧米系のご両親も一緒に本格的な仮装をして周ってきたことです。
    特に驚いたのが、ディズニーランドのシンデレラが来たのかと思ったくらいに本物のような水色のドレスにブロンドの髪を夜会巻きにして白い手袋をはめているお母さんがいました。
    写真を撮らせていただくのを忘れたのが大失敗


    Trick or treatの後はVillage内のお友達のパーティーに参加しました。
    その道すがらVillage内を歩いているだけでも、他のお宅の飾りつけを楽しむことができます
    来年はどんな風にしようかとイメージが膨らみます。
    Trick or treat Trick or treat Trick or treat Trick or treat

    その中で1軒、1階のテラス側に小屋を建てている家がありました。
    マイケルジャクソンの曲をかけ、ジェイソンが踊ってその小屋に子供を誘っています。
    怖いけれど中に入らないとお菓子はもらえません。
    Trick or treat


    ワーホリでも1度体験しましたが子供達に付き添って近所を周った程度だったので、今回のように自分で飾り付けをしてお菓子を用意してそして配るという貴重な体験をしました

    コメント

    スゴイ!スゴーイ!!

    予想以上に盛大なハロウィンですね。
    娘も「ハロウィンを経験してみたかった」と言っています。

    こちら日本では予想通り、
    「Trick or treat」と言って訪ねて来た子供は一人もいませんでした(笑)

    2010/11/03(水) 05:06:08 |URL|るこぴぃ #- [編集]
    Village内(集合住宅)なだけに余計に人が集まったのかもしれませんね。
    私も予想以上でビックリしましたe-330
    来年はお菓子配りはお休みして、ダウンタウンBerkeleyの方の有名なハロウィン通りを見に行こうかと既に計画中です。
    結構楽しいイベントだったので、日本でもお菓子メーカーがもっと流行らせるといいのに…なんて思ったりしましたe-264
    2010/11/03(水) 08:37:57 |URL|ヨーコ #- [編集]
    ブロンズヘアでブルードレスだったらホント、シンデレラだね!
    子供達も可愛くて、あたしも見習いたいです(^◇^;)
    それにしても本場は違うね。
    日本もクリスマスみたいにもっとメジャーになればいいのにね(^ ^)
    2010/11/03(水) 14:53:13 |URL|toooc #- [編集]
    こちらでは売っている仮装衣装が本格的なんですよね。
    あっ、でも作りはひどいですよ。ロックミシンで端を処理したそのまま…とかですからe-263
    ただノリがアメリカは違うなぁと思いました。
    大人が楽しみ方を知っているので、気合の入れ方が違うように感じました。
    2010/11/03(水) 20:35:42 |URL|ヨーコ #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント
    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。