研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/08/21

    妊娠糖尿病の食事カウンセリング(二人目)24w 終了

    2度目の妊娠糖尿病のカウンセリング&診察。

    今回もまずは栄養士さんと食事記録の確認から。
    血糖値も100を超える日がほとんどなく、今後は朝食にミルクを追加し、昼と夜の炭水化物量を増やすように言われました。
    また自己管理ができていると評価して頂き、今後1日1~2回のモニタリングにしてもOKと言われました。
    私の方針を支持してくれるとのことだったため、リスクの高い24~28週は引き続き1日4回行い、それ以降は徐々に減らしていく方針にしました。

    その後、尿検査と血圧測定を行いドクターの診察です。
    今日は年配の男性ドクターでした。
    とてもノリのいい方で、私の記録を見るなり「何であなたがここを受診しているんだい!?」と
    えぇえぇ・・・私が聞きたいです(笑)
    夫にも「何の仕事をしているの?」「日本に知り合いがいるよ」など、ず~っと喋っていました。
    そしてBabyの心音を確認した後、おもむろに「あなたはA+だね。もう次は受診しなくていいよ」と!!
    あまりに雑談の延長で言われたのでジョークなのかと思いましたが、その後ナースが「次回の予約はなしね」と言ってくれたので卒業ということが分かりました。

    引き続き自己管理は必要ですが、管理されるのと自分でコントロールするのでは気持ちの重さが違います。
    血糖値モニターの針や検査紙の処方箋は、既にこの先まだ4~5回受け取れる分もらっているため、血糖値の上がりやすい朝や食べ過ぎた日を中心にモニタリングを続けようと思います。

    気持ちも軽く病院を後にしました。

    今回私の症状が軽かったこともありますが、「白米」を「玄米100%」のご飯に変えたことが一番効果的だったと思います。
    玄米がなくて白米を食べた日は血糖値もポン!と跳ね上がりました。
    そしてパンよりご飯、夕方よりも朝の方が血糖値が上がりやすいことも分かりました。
    自分の傾向がつかめたことで、果物は午後にしようなどコントロールもしやすくなりました。
    不思議と午後甘いものを口にしても血糖値は政情の範囲をキープできていました。
    娘の世話をして慌しく生活しているのもいい結果につながったと思います。


    《後日記》
    主治医にもモニタリングが終了したことをメールで伝えました。
    というのも、前回モニタリングをしているから26週頃に行うグルコーステストは受けなくていいと言われていました。
    そこで
    ・モニタリングが終了したことでグルコーステストを受けなくてはいけないのか?
    ・主治医的には引き続き私の食事記録が必要か?
    を聞いてみました。
    回答は「コントロールできているからグルコーステストは不要」「食事記録は不要だが、1日1~2回時間帯を変えてチェックするのはどうか?」とのことでした。
    そして「引き続き食事には気をつけて」と言われました。
    スポンサーサイト
    2012/08/16

    驚きの医療費!

    夏休み第三弾の日記がたまっているのですが、今日は驚いたことがあったのでそちらを先に更新。

    娘の検診費用は全て加入している医療保険でカバーしていて今まで自己負担が発生したことはなかったのですが、前回の18ヶ月検診だけなぜか一部医療費請求書が届きました。
    まぁ・・・保険に加入していても手違いでこちらに請求書が届くことは間々あるので、今回もこれから保険会社とやり取りをしなくてはいけないのでしょうが(これがアメリカ生活最大のストレス)、初めて見る娘の医療費に驚いてしまいました

    18ヶ月検診・・・ドクターの問診と予防接種(A型肝炎・不活化ポリオ・Hib・DTP三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)でした。
    と思っていたのですが、医療費の明細を見ると
    ・ドクター問診$160
    ・発達チェック(アンケートでYes/Noで答えたもの)$30
    ・不活化ポリオ・Hib・DTP三種混合$175
    ・A型肝炎$65
    ・予防接種の処置料が1本$45×2本で$90
    ・・・それと何か(明細が略称なのでよく分からず)が$100
    合計$620

    たった1回のwell-checkにこんなに費用がかかっていたなんて知りませんでした。
    保険に加入していなかったら全額自費だと思うと恐ろしいアメリカの医療費です。

    2012/08/14

    FasTrak

    滞在3年目に突入し、いまさらですが我が家もようやくFasTrak導入しました。
    今までの2年間、どれだけ損をしていたか・・・

    FasTrakとはベイエリア限定の有料の橋を通行する際のETCのようなもの。
    我が家はCOSTCOで$24.99で購入・・・ですが、通行料は$30分が含まれています。($5.01お得
    DSC05184.jpg
    FasTrakの利点は割引料金で通行でき、さらに専用レーンがある場所ではそこを通行することができます。

    購入後はオンラインでアクティベートし、クレジットカードや車のナンバーなどを登録します。
    読み取り機械はフロントガラス(もしくはダッシュボードの上)に取り付け、これで完了です。

    万一ゲートで読み取りがうまくできなくても、自動的にナンバーを写真撮影されているので車のナンバーから我が家を割り出し自動的に引き落としてくれます。
    ちなみに日本のようにゲートにはバーはありません。
    通過する際の速度も日本より少し早い速度で通行できます。

    なぜ今まで購入しなかったのか・・・。
    橋を通るたびに思い出し、お店では購入することを忘れ、この繰り返しで2年間過ぎてしまっていました
    もっと早く導入していればよかったです。
    アメリカに来てから少額の買い物でもクレジットカードを使うようになり、夫婦共に現金をほとんど持ち歩かなくなりました。
    でも橋の通行料は現金払いのみ。
    毎回橋の手前で「お金あったっけ!?」とドキドキ2人のお財布をチェックしていました。
    これからはそんな心配も不要です。

    尚、帰国の際は解約するのを忘れないように。
    これが結構面倒だとか、そうでもないとか・・・。
    これについてはいつか後日記で。
    2012/08/13

    Yellowstone&Grand Teton旅行記(2012年8月) ホテル編

    ホテル選びが今回一番頭を悩ませたことでした。
    国立公園内は半年前の時点で既に予約でいっぱい。
    少しでも効率よく周れるように旅行日程とホテルを組み合わせたくて苦労しました。

    イエローストーン国立公園内のホテルはこちらのサイトから。
    Yellow Stone NP Lodges
    タブをいくつも立ち上げ日程を比較します。
    なかなか上手に周遊できる組み合わせが空いていないのですが、日程が迫るほどにキャンセルが出るので毎日チェックしていると突然希望の日程で予約ができたりしました。
    キャンセルも3日前まで無料でできるので、気になる日程は複数予約しました。
    (一度カードから引き落とされるのでキャンセルを忘れないように!)
    部屋タイプも写真で確認できるので、メインの建物に泊まるのか別棟のロッジに泊まるのかなども自分の目で確認することができます。
    ただ時間がかかる作業なので、より早く予約を完了させたければ直接電話をするのがいいようです。
    オンラインで空きがなくても直接確認すると結構予約が可能だそうです。

    イエローストーン公園内は、効率などを考えキッチン付きは諦めました。
    キッチン付きに連泊できなければ食材の保存なども考えなければならないためです。

    1泊目「Old faithful inn
    DSC04742.jpg DSC04739.jpg DSC04740.jpg
    DSC04723.jpg DSC04725.jpg DSC04726.jpg DSC04727.jpg
    お部屋も静かだしバスタブが付いているし、KEURIGのコーヒーとお茶は美味しかったし、我が家は今回こちらの宿がYellowstoneでは一番高評価となりました。

    2泊目「Mammoth Hot Spring Hotel
    DSC04837.jpg DSC04815.jpg
    DSC04817.jpg DSC04819.jpg DSC04818.jpg
    お部屋にコーヒーなどはありませんが、毎朝フロント横に無料のコーヒーや紅茶が設置されています。
    残念だったのはバスタブがなかったことと、私たちのお部屋の場所が悪かったのか廊下の声や音がとてもよく聞こえたことです。
    Old faithful innと比較すると観光目的でホテルに入ってくる人がいないため、その点ではとても落ち着いていました。
    シャンプーなどのアメニティーは環境を配慮して詰め替え式です。(クマさんの石鹸は公園内の宿、全ての部屋に置かれていました。)

    3泊目「Grant Village
    DSC04996.jpg DSC04992.jpg DSC04989.jpg
    DSC04990.jpg DSC04991.jpg
    3つの中でお部屋は一番ゆったりとしており、その点では子連れには最適なホテル。
    2階建てのモーテルタイプのホテルです。
    こちらもバスタブはなくシャワーのみ。シャンプー類は詰め替え式。こちらにはKEURIGのコーヒーがありました。
    残念だったのはエレベーターがないこと(荷物を抱えて2回まで上がるのは子連れには大変!)、フロントが離れた場所にあるため不便&チェックインが分かりにくく何度も周辺を徘徊してしまいました。
    部屋の鍵がうまく開かず、遅い時間にチェックインとなったにもかかわらずなどもフロントを往復する羽目に。
    しかもチェックインが遅くなったものフロントのオンラインだダウンしてしまっていたためでした。

    食材などを手に入れやすかったりレンジがあったりする点では後半2つの宿は悪くはなく、どこに重点を置くかによって好みが変わると思いました。


    次にグランドティートン。
    前半外食続きになるため、後半2泊はどうしてもキッチン付きに泊まりたかったため園内を諦めダウンタウンの宿を探しました。
    ダウンタウンから公園内までは車で20分程度。そしてお店もたくさんあります。(値段も断然安い!)
    我が家はこちらの宿に宿泊しました。
    Downtown 1 Bedroom on Flat Creek
    DSC05101.jpg DSC05102.jpg DSC05103.jpg
    DSC05096.jpg DSC05097.jpg DSC05098.jpg
    DSC05099.jpg DSC05100.jpg
    個人所有の部屋を仲介業者を通じて借りるため、普通のホテルとは予約方法や連絡方法・決済方法が異なります。
    予約は無事行えたのですが、宿泊当日に鍵の在り処が分からないという事件が発生し、仲介業者とオーナーに連絡するも休日で連絡が取れず「他の宿を探すしかない。キャンセル料100%取ったら訴えてやる!」状態にまでなったのですがあっさり部屋の中にあることが判明。
    またダブルブッキング疑惑も発生し、後から来たお客さん(スペインから到着したばかり)とあちこち連絡したりどうしようとなったのですが、こちらもオーナーの手紙に一部ミスがありもう1組の方が別のお部屋と判明。
    そんな色々な事件があったのですが、過ぎてみれば部屋のよさに全て水に流れてしまいました。

    長期滞在もできる自宅のようなお部屋のため、2泊だけでしたがとてもリラックスできました。
    洗濯も洗剤まで備え付けられているという至れり尽くせりぶり。
    キッチンにはVillager憧れの食洗機!!(UC Villageには食洗機はなく自己所有も禁止なのです。)
    テレビもネットも使えるのも我が家にはありがたい設備でした。
    日程的に使えませんでしたが、外にはBBQコンロもありこちらも自由に使えます。
    他のお客さんも夜になると川沿いのハンモックで揺られながらお酒を飲んだりして、とてもノンビリ過ごされていました。

    事前の予約内容・チェックイン方法などをきちんと確認しておけば、こちらの宿はとてもおすすめです。
    グランド・ティートンに1週間くらい連泊してここの宿でノンビリ過ごしたかったなぁと思いました。


    ・・・と長くなりましたが、これにて夏休み第三弾の旅行日記はおしまい。
    お付き合いありがとうございました。
    (更新完了するまでに1ヶ月かかってしまいました~
    2012/08/13

    Yellowstone&Grand Teton旅行記(2012年8月) 6日目・最終日

    最終日。
    朝起きると、とうとう娘が熱を出してしまいました。
    チェックアウトの11時ギリギリまで部屋で滞在することにしました。

    チェックアウト後は実家などに絵葉書を出すために郵便局へ。
    以前はGrand Tetonの景色が国際郵便用$0.98の切手のデザインでしたが、今年1月22日より$1.05に値上がりしたためデザインも変更されてしまいました。
    575540-01-main-350x270.jpg
    ペンシルベニア州のランカスターの景色です。
    ちなみに以前の$0.98のGrand Tetonデザインの切手はこんなデザインでした。
    15635303.jpg

    ジャクソンのダウンタウンを少しだけ散策。
    DSC05171.jpg DSC05172.jpg
    ダウンタウンの中心部にはエルクの角で作られたゲートがありました。
    馬車も走っています。
    この公園を囲むようにお店がたくさん立ち並んでいました。

    その姿をとうとう見ることができなかったムースとビックホーンシープ。
    せめて最後に銅像でそのお姿を・・・
    DSC05173.jpg DSC05174.jpg


    その後ランチのためにこちらのお店へ。
    Lotus Café
    お友達の空乃さん一家が滞在中3度も訪れたと聞き、絶対に訪問したいと思っていたカフェです。
    DSC05177.jpg
    テーブルの調味料にもこだわりを感じます。
    蒸篭に入っているのが可愛い!
    DSC05179.jpg
    魅力的なメニューばかりで迷いましたが、こちらを注文しました。
    DSC05182.jpg DSC05183.jpg DSC05180.jpg
    左から「Turkey, Bacon, & Avocado」「Lotus Veggie Burger」そしてFresh Extracted Juicesから「Crimson(Beet, green apple, ginger, & carrot.)」
    このジュースが野菜不足が続いた体に染みました。
    サラダのケールに何もかかっていなかったため少しだけテーブルのお塩を振ってみたところ、食べやすく美味しくなり、素材の良さをとても感じました。
    それぞれのサンドイッチも味わい深く、実は時間がなくなってしまい慌てて頂いたのですがもっとゆっくりとお茶まで楽しみたかったお店でした。
    本当におススメのお店です!


    これにて夏休みは終了です。
    空港に向かうとなんと予定している飛行機が遅れています。
    乗り継ぎの時間が十数分に短縮されてしまうため乗り継ぎ便を遅らせるかとても迷いましたが、娘の体調が悪かったため少しでも早く自宅に帰りたく、走ってでも予定通りの便に乗ることを決めました。
    ・・・が、乗り継ぎ便も1時間程度遅れており、結局全体的にSF到着が予定より遅れるという結果に。
    (1本遅らせていたらもっと遅い到着になっていた&乗り継ぎ待ちがかなり長くなったため、結果オーライかな

    最後に今回宿泊したホテルについてだけ別途記録しておこうと思います。
    次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。