研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/04/28

    yard sale 2012年5月 @UC Village 

    年に2回、5月と8月に開催されるVillageのヤードセール。
    前回は8月でしたので5月開催への参加は初めて。
    アメリカは5月が卒業シーズンで帰国者が多く、5月は売る人が多いヤードセールでした。
    そのため開始の9時には一斉に歩道に沿った“いい場所”が埋め尽くされてしまいました。
    (場所によって売れ行きが大きく変わってきます。)

    前回の売れ残りや新たに使わなくなった育児用品などを加え、我が家もお店屋さんとして参戦。
    今回は売る人が多いせいか売れ行きはイマイチでしたが、自転車やTV台、ロッキングチェアーなどの大物が完売したので大満足

    今回もヤードセールで娘におもちゃを1つ。
    DSC03745.jpg
    最近公園でも三輪車などの乗り物を見かけると乗りたがります。
    まだ足が届かないので自力ではこげませんが座るだけでも満足。
    ピンクの可愛いRadio Flyerの三輪車
    キレイだし安かったし大満足のお買い物。

    ヤードセールは売るのも買うのも楽しいので次回も楽しみです。
    スポンサーサイト
    2012/04/25

    Boy or Girl Baby Gender Prediction Test

    健康な子供が生まれてくれば性別はどちらでも・・・というのは、どの親でも思うこと。
    とはいえ「どっちかな?」と気になるもの。

    アメリカには様々な性別判定キットが販売されています。
    手軽な尿検査、費用は少し高いけれど正確性の高い血液検査。

    2人は欲しいと思っていたものの3人目はまだ未定の我が家。
    もしかしたら最後に妊娠になるかもしれないので、妊婦のうちに試せるものは試してみたい!と好奇心がうずきこんなものを購入してみました。
    Boy or Girl Baby Gender Prediction Test
    日本ではこちらの商品の方がメジャーのようですが、口コミなどを見ると残念ながらイマイチ。
    好奇心で試すのには値段も高いため却下しました。

    気になる判定は・・・超音波で性別が決定するまで夫にも内緒です。
    どちらかというとこの尿検査での判定、私にとっては占いのような感覚。
    それでも「こっち」と性別が判定されると、まだ胎動もお腹のふくらみもないのに急に赤ちゃんがここにいるんだという実感を強く感じるようになりました。
    もちろん今回の判定と実際は逆の性別かもしれませんが不思議なものです。


    《結果》
    判定とは逆の性別でした(笑)
    1/2の確立ですしね
    でもやっぱり占い(検査キット)を試したときのワクワクは楽しかったです。
    2012/04/21

    CAL DAY 2012

    午前中近所を娘とお散歩していたらお友達に遭遇。
    今日が『CAL DAY』であることを知りました。
    昨年は一時帰国中だったため今年を楽しみにしていたのです。

    午後は娘がお昼寝のスケジュールなので半ば諦めていたのですが、今日に限ってお昼ごはんの後すんなり寝る気配がありません。
    何となくバススケジュールを見てみると10分後の出発・・・よし!行ってしまえ!!と急いで準備をしてキャンパスに出かけました。
    (本当は車の方が早いのだけれど、こんなイベントのある週末は大学周辺は駐車場に困るので迷わずバスで。)

    DSC03724.jpg DSC03722.jpg

    CAL DAY・・・大学の学祭のような違うような。
    一般公開日というのが一番適切でしょうか。
    普段は開放されない部分も見て回ることができたり、博物館や美術館なども無料で見れたり、子供向けのイベントなどもあるようです。

    DSC03721.jpg
    まずは各所にあるインフォメーションでパンフレットを入手。
    とはいえ、娘は寝ているし終了まで2時間ちょっとの時間のところでパンフレットを見て周る程ではなかったので気の向くままに散策。

    DSC03723.jpg
    Cal Storeの前の噴水はプールとなっていました。
    子供だけでなく大人も飛び込んでいるのに驚きました

    音楽が聞こえてきたので音のなるほうへ・・・。
    DSC03725.jpg
    今日のような暑い日に木陰で聞く音楽はとても贅沢です。

    DSC03728.jpg
    屋外キッズコーナー。
    この他にもキャンパス内は昆虫採集のテントがあったりとイベント盛りだくさん。

    せっかくなので実験中の夫にもメールを送り誘い出してみました。
    メールを送ると「えっ!?キャンパスでそんなのやっているの!?」と
    この大騒ぎでさえ聞こえないほど夫のラボはキャンパスの端っこに位置しています。
    噴水前で待ち合わせをしたのですが驚いていました。

    娘も起きたのでガイド付きケーブルカー(シャトルバス)に乗車。
    DSC03727.jpg
    これはおススメ。涼しいし構内の雰囲気を楽に見て回れます。
    乗車は無料。
    シャトルストップ(停留場)に立っていると5~10分間隔でバスがやってきます。
    バスは6台走っているそうです。

    帰りにたまたま見かけたブースでこんなバッチを購入しました。
    1個50¢。
    DSC03738.jpg
    小さな缶バッチですがCalらしいモチーフ。


    こんなほのぼのした雰囲気の中、昨年から全米で流行っている(?)「OCCUPY(占拠)」がこの日も行われていました。
    DSC03731.jpg
    2011年のアメリカの「今年の言葉(流行語大賞のようなもの)」にも選ばれたOCCUPYは、ニューヨークで格差是正を求めてウォール街を占拠したことから始まり、全米各地でOCCUPY活動が行われるようになりました。
    Berkeleyのキャンパスでも昨年末頃に大規模なOCCUPYがあり、警察が出動したりという大きなニュースになっていました。
    (ちなみに今UC Villageに隣接する土地でも行われています。)

    この他にも「神はいない!」というプラカードを持ち白いビキニを着て歩く女性なども見かけ、リベラルな校風が特徴といわれるBerkeleyらしいのかなぁと思いました。

    2012/04/11

    初診(2人目)

    2人目はなるべく早くと思っていましたが、私たちの予想よりはるかに早くやってきてくれました。

    今回は最初からアメリカのシステムでの妊婦生活です。
    日本では5~6週目から初診を受けられますが、アメリカでは8週にならないと予約ができません。
    私も過去に経験がありますが、8週までは医療ではどうにもならないことが多いからではないかと思います。
    市販の妊娠検査薬で陽性を確認したら8週までひたすらモヤモヤと我慢するだけでした。

    前回の妊娠はMid-wifeにかかりましたが、今回は新しい保険がMid-wifeをカバーしないためドクターを受診しました。
    何と・・・前回1回でやめたドクターと同じオフィス。
    一瞬「えっ・・・」と思いましたが、おかげで大量のペーパーワークから逃れられました。

    今回は受付を済ませたらすぐに呼ばれました。
    前回は予約をしているのに何の説明もなく1時間半待たされました
    ナースによる血圧・体重測定、その後ドクターの診察でした。

    口頭で既往症や家族の病歴などの確認、前回の出産について聞かれました。
    念のため前回の出産記録を持参していたのが役に立ちました。
    その後エコー(超音波)です。
    10週未満なので経膣エコーです。
    日本でかかっていた病院と比べてもエコー画像が荒いなぁと思いましたが、心拍も無事確認でき、大きさから予定日は11月20日とのこと。
    ドクターからも「おめでとう」と言ってもらいました。
    イマイチ実感がわかなかったのですが、赤ちゃんの姿を見て「うわーっちゃんと我が家に来たんだー」と思いました。

    ドクターからはその後ダウン症の検査についての説明がありました。
    まずは血液検査とエコーでの検査、そこで疑いがあれば羊水検査をするとのこと。
    リスクがあるものは慎重になりますが、血液検査とエコーだけだったらリスクもないので受けることに。
    万一疑いが出ても羊水検査はしない予定です。(痛いのが怖いという理由も大きく
    エコーの回数の少ないアメリカで赤ちゃんを目で見れる貴重な追加の1回です。

    特にこちらからも質問がなかったので「妊婦さんへ」みたいなマタニティーブックをもらって終了。
    次回は1ヵ月後、今度はこちらのクリニック所属のMid-wifeと面談のようです。


    ドクターを受診してみて、やはり前回のMid-wifeと同じようなことは無理なんだなぁと実感しました。
    前回は一緒に赤ちゃんの成長を喜び不安はゆっくり丁寧に相談して分かりやすく説明を受けて、絶対的信頼と安心感がありました。
    ドクターも質問にはきちんと答えてくれるのですが、専門家らしくキビキビ・ハキハキと専門的に答えるという感じ。
    この人に取り上げてもらうのかなぁと不安にならなくもないのですが、まぁ娘の時も最終的には吸引でAlta Batesのドクターが取り上げたのと、お産の進行も早かったので実際の出産時のMid-wifeのサポートはあまり受けられなかったので同じなのかな・・・。
    とはいえ、ドクターは相性が会う人に出会うまで気軽に変えていいアメリカなので、もう少しドクター探しをしてみようと思います。
    2012/04/11

    Le Cheval Restaurant

    なんとな~くフォーが食べたくて入ってみたお店。
    『Le Cheval Restaurant』
    BerkeleyのYWCAの2階にあるお店です。
    DSC03709.jpg
    階段をあがると草花に囲まれた(草花で見えない)シクロがお出迎え。その先はテラス席になっています。
    DSC03707.jpg DSC03708.jpg

    座席は自由に。
    カウンターでオーダーして好きな席で食べるシステムです。
    フォーなどの麺類はオーダーしてから調理するため座席まで運んでくれます。
    DSC03704.jpg DSC03701.jpg DSC03702.jpg
    とにかく安い!
    温かいランチが$6~$7なんです。
    (ちなみに$7以下の支払いは現金のみですのでご注意を。)
    夫はカレー、私はフォーを注文しました。
    (2人合わせれば$7超えるのですが、なぜかフォーはレジが別のため別々会計になり現金払いとなります。)

    お水も自由に。グループの場合はピッチャーごと席に持っていくことができるようになっています。
    お水には全てレモンが浮かんでいます。
    見た目だけというお店も多い中、きちんとレモンの風味と香のするお水でした。
    そしてレモンの横には・・・きゅうり!?
    DSC03706.jpg
    きゅうり水ってベトナムでは一般的なのでしょうか?
    一度だけ訪問したことがありますが、個人的にはベトナムと言えば「蓮のお茶」を誰もが飲んでいたイメージなのですが・・・。
    家に帰って調べたところ、ベトナムではなくアメリカの夏の定番の飲み物だそうです。
    夏も涼しいベイエリアというよりは東海岸の方ではメジャーなんだとか・・・。(本当かな??)。

    さて夫の注文したカレー。
    口の中に入れた瞬間はココナッツの甘みが、あとからじんわり辛味が広がってきます。
    サイドのナスの炒め物は中華な味付けですが全体的にとても美味しかったです。
    DSC03703.jpg

    そして私が注文したフォーです。
    牛肉・鶏肉・野菜&豆腐から選べます。
    娘に取り分けることを考え「野菜&豆腐」にしたのが敗因
    DSC03705.jpg
    見た目的にも美味しそうに見えない一品
    スープと麺はそこまで悪くなかったのでやはりトッピングの選択が大きな問題だったと思われます。
    ちなみに豆腐は「厚揚げ」。
    豆腐好きの娘は満足だったようですが、私は娘用のランチをしっかり持参して自分は別の物を注文すればよかったと後悔です。

    総合的にこの値段でこの味・・・きっと大学の近くに来たら度々訪れると思います。
    ゆっくり室内で座って食べられ、ハイチェアーも完備、先払いなのでお会計もスムーズ。
    そして温かいご飯物や麺類が食べられるというのが大きなポイントです。
    ベビーカーの方はYWCAとつながっている扉から入店できますし、YWCA内のトイレでオムツ換えもできます。
    ここも高ポイントです!
    DSC03700.jpg
    次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。