研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011/08/31

    夫Adult School生になる

    1年のアメリカ生活を過ごしたものの英語が向上しないと嘆く夫が、今期からAdult Schoolに通うことになりました。
    通うのは夜の時間帯の発音のクラス。
    ウキウキしながら申し込みに行き、そして初日を迎えました。
    毎週月・水曜日の午後6時半~7時半の1時間。

    夕方お腹がすくだろうと夫の好きなチョコレートを用意しておきました。
    P1000816.jpg

    頑張れ~!


    《おまけ》
    もともと水曜日はラボ・ミーティングの日。
    偶然にも今週からミーティングが火曜日に変更になったそうです。
    理由はボスの奥さんが働くことになり水曜日は早く帰ってボスが子供たちの面倒を見なくてはいけないから・・・だそう。
    そんな理由で早く帰ったりミーティングが変更したりするのはアメリカらしい気がします。
    夫もお陰でアダルトスクールに気兼ねなく通えます。
    スポンサーサイト
    2011/08/28

    DIY

    「DIY=Do It Yourself・・・日曜大工」
    その言葉通り、まさに日曜日に工事をしました。
    そう・・・予告どおりとうとう壁に穴を開けて棚を取り付けました!

    日本では考えられない「賃貸住宅に穴を開ける」ということ。
    そんなことをしたら敷金が戻らないことはおろか、追加で修理費用を払わなければならないのでは・・・

    villageは日本ほど退去時に元通りに復元する必要はなく、掃除も日常の掃除機程度をすればOK。
    ガスコンロとバスタブを丁寧にこするくらいでいいのです。
    (ガスコンロは汚れなどがひどいと修理費などを請求されるという噂です。)
    窓や床を拭いたり、開けた壁の穴をふさぐこともしなくてOK。
    (あっ、最近退去した方はブラインドの埃を落とすように言われたと聞きましたが・・・

    娘もそろそろハイハイしたりつかまり立ちを始めたので、触られたくないものや危ないものを上の方へ置くために棚をつけました。

    キリで小さな穴を開け電気ドリルで一気にねじ込みます。
    DSC01917.jpg
    床に置いていたルーターなどがすっきりし、掃除もしやすくなりました。
    家や車の鍵、そして携帯などもこの上に置くことにしました。

    もう1ヶ所はキッチン。
    DSC01920.jpg
    離乳食用のエプロンを乾かしたり(洗っても防水なので水滴が落ちるのです)、ザルなどを乾かしたりするのに便利!

    Villageの壁はもろいので、シールなどの粘着テープで貼り付けるよりもネジで止めるほうが退去後のメンテナンス的にもいいんだそうです。
    もちろんネジ穴を埋める修理費用を追加請求されたりもしません。

    少しのことだけれどとても生活しやすくなりました
    2011/08/27

    yard sale @UC Village

    年に2回行われるUC Villageのyard saleの日です。

    アメリカでは一般的なヤードセール。
    自宅の庭や玄関先に不用品を並べ売ります。
    「えっ!?こんなの売るの?」というようなガラクタから「高そうだけれど・・・」というような物まで、売る物は何でもありなのが楽しいところ
    もちろん値段交渉は当たり前。

    今日は引越しを控えた近所のお友達など4家族(と途中から「混ぜて~」と商品を一緒に並べた2人)でお店を開きました。
    DSC01903.jpg 
    朝9時から開始ですが、お客さんは10時頃が一番多かったような。
    DSC01906.jpg DSC01905.jpg


    やはりヤードセールなので$1~$3の小物が良く売れます。
    人気なのは子供のおもちゃや赤ちゃん・マタニティー用品です。
    驚いたのが婦人靴(サンダル)が簡単に売れるということ!
    (日本の実家に置いてきたはきにくいサンダルをヤードセールのために持って来ようと思ったほど)
    日本の物も用途が分かったり説明書を英語で付けたりすれば問題なく売れます。
    (逆にアジア人は「日本製?」と聞いて購入する方も)

    いくつか大物を出品しており、それらが売れたときはみんなで拍手で盛り上がりました
    そして自分の物が売れた時は、たった$1の物でもとても嬉しいんです

    値切り交渉をされるので予めそれを見越した値段をつけるのも作戦ですが、これ以上は引けないというところは「NO」と言うのが正解。
    あえて値段をつけずにその場で値段を決めて交渉しながら売っている上級者もいました。
    値段が折り合わず、でもどうしても気になる商品があると電話番号を残して「売れ残ったら電話して」という方もいました。
    (値下げして売らなくて良かった~!後で購入してくれる方が現れました

    売れ残ってもお昼には撤退する予定でしたがお客さんがダラダラと途切れずまた少しずつでも売れていくので、結局お昼過ぎまでお店を広げていました。
    お友達の旦那さまがホットサンドとコーヒーを差し入れしてくださり、みんなでランチを取りながらまったりとお店屋番。
    DSC01907.jpg

    我が家の今日の売り上げは$50弱。
    そこから娘におもちゃをひとつyard saleで購入しました。
    以前インターナショナルのプレイグループに参加させていただいた時のホストだったドイツ人の方が、近く帰国されるんだとか。
    お互い妊婦の時に会ったのですが、1ヶ月先に男の子が誕生していました
    その子のお姉ちゃんがプレゼントでもらった物なんだそうですが、同じような物を持っているのでこちらは今回出品したそうです。
    Target新品$15→yard sale$7
    DSC01913.jpg


    売れ残った物は私たちは持って帰りましたが、毎年「Free」と書いて置いていく方が1組はいます。
    今日もたくさん置いているところを見つけてのぞいてみると・・・娘がこれから着るのにぴったりな12Mのお洋服がたくさん!
    ちょうど買おうと思っていたところだったこともあり、ありがたく頂くことにしました。


    yard saleはちょっと・・・という時は、日本語のびびなび世界のご近所さん、英語のcraigslisteBayがおススメです。
    2011/08/26

    お風呂場を飾ってみる

    ついつい「いずれ引っ越すから」と物を増やすのを躊躇いがちですが、それでも数年過ごす家。

    もう少し家の中を明るくしたいと思い、まずはシャワーカーテンでお風呂場を飾ってみました。
    DSC01899.jpg
    Moving Saleで購入。
    今まではVillage備え付けの白いシャワーカーテン1枚だったので、バスルームが明るくなりました。
    実は少し前にIKEAで購入したことがあるのですが、WESTの我が家のバスルームには少し長く返品となりました。
    こちらはWEST Villageのお家で使われていたので長さもぴったりです。

    ちなみに内側はビニール製(Village備え付け)で外側が今回新しくかけた布製カーテンです。
    DSC01900.jpg
    外側の飾りカーテンを着物生地で手作りしている方もいました

    子供に人気なのは世界地図のカーテン
    色々なお宅で見かけます。

    内側のビニールも1年も使っているとカビが生えたり蒸れた臭いがしたりします。
    ハイターで漂白もいいのですが、楽しみで買い替えるのもいいなぁと思いました
    2011/08/25

    Back to School 新学期

    今日から近所の小学校も新学期を迎え、夫の職場でも新入生を迎える恒例の歓迎ピクニックが行われました。


    新学期といえば日本でも新しい文房具などを買い揃えるように、アメリカでも「School supply(スクールサプライ)」といって親たちが新学期に向けて新しい文房具や教室で使用するティッシュペーパーなどの雑貨を買い揃えます。

    興味深い違いは、自分で使う物を個々に買う日本に対して、アメリカではみんなで使う物をみんなで買い揃えるんだそうです。
    みんなと言ってもみんなで買いに行くのではなく、予め学校が指定する商品のリストを持って親が購入しそれを学校(クラス)に寄付するという形をとるんだそうです。
    高学年になると、リストに絵などが書かれていて子供たちが自分で買えるように工夫されている学校もあるんだとか。
    買い物を自分でするという学習も兼ねているようです。

    さてこの一律に文具を指定し寄付制をとっている理由は、貧富の差に関わらず誰もが同じ物を使えるように配慮しているからだとか。
    例えば裕福な家庭の子は高価な文具を毎年購入できますが、あまり裕福でない家庭の子供は毎年新しい物を購入することができません。
    そこで学校が予めメーカーなどを指定し差別のないようにしているんだそうです。
    また学年によってクレヨンの色数も増えたり、使う文房具もレベルアップされたりしているようです。

    もちろん経済的に苦しい家庭はスクールサプライの用意の必要はありません。
    それでもたとえティッシュボックス1箱でも持っていこうとするようです。
    助け合いの精神「寄付」という考えが根付いているアメリカらしい制度です。

    個人的に思ったことは、これは「寄付」ではなくて我が子が使う文具を買い揃えて学校へ預けるというイメージなんだろうなぁと思いました。
    そしてひとつ疑問に思うのは「毎年新しい物を買わなくてはいけない」ということで、まだ使える物はどうなるのかなぁ・・・。


    いずれにしても新学期が近づくとお店でもコーナーを大々的に設置して販売を促進しています。
    DSC01893.jpg
    これを見ると「もうすぐ新学期・新学年になるんだなぁ」という気分です。
    新しい学校・新しいクラス・・・親も子もドキドキしますね。

    大学は明日から新学期。
    我が家は何も変わりませんが、毎年恒例の新学期前日の「新入生歓迎ピクニック(お外でご飯)」がありました。
    去年よりちょっと参加者が減ったような気がしますが、私も娘のお披露目兼ねて参加してきました。
    DSC01892.jpg

    そしてこの「Back to School」の買い物が終わると・・・お店はハロウィーンの飾りつけに一気に変わります。
    もう秋の始まりなんですね。
    次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。