研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/06/10

    フルーツ狩り

    去年のチェリーの味が忘れられず、今年もBrentwoodへチェリーピッキングに行ってきました。

    が・・・残念!
    時期が早いのか遅いのか、閉まっていました。
    他の農園もOpenしていないところが多かったです。

    せっかくここまで来たのでOpenしていた「ストロベリーピーチチェリー、ネクタリン・ブラックベリー」を狩ってきました。
    もちろん1軒ではなく3軒ハシゴしました。

    ピーチ・ネクタリンはまだ硬くて早い感じでしたが、自宅に2~3日置いたら徐々に柔らかく甘くなってきました。
    チェリーはやっぱり去年の農園の方が甘みも味も濃くて抜群でした。

    さてストロベリー。
    訪問したのは「Enos Family Farms」
    オーガニック農園です。
    目印は大きなパンプキンのバルーン。
    P1010185.jpg P1010184.jpg

    こちらの農園、食べ放題ではないので要注意です。
    U-pickといえば農園内では食べ放題、持ち帰る分だけ支払うのだと思っていました。
    そうと知らずに3人でたくさん食べた我が家
    農園の方に注意されました。
    (同じように注意されているお客さん多数!)

    見た目すごく甘そうでもお尻が若干でも白ければNG。
    全体が真っ赤になっている方が断然甘くておいしいです!
    P1010190.jpg
    (上から見て真っ赤でも下の白いのを見逃さないように・・・)

    ストロベリーももう少し早いのかな。
    それと、すご~くおいしいんだけれど食べ放題じゃなかったのが残念!

    スポンサーサイト
    2012/05/26

    Point Reyes National Seashore(ポイントレイズ国定海岸)

    (2週間前の出来事)

    前から行こうと思いつつ近くてなかなか訪問できなかった『Point Reyes National Seashore(ポイントレイズ国定海岸)』
    我が家から1時間ちょっとです。

    ここにある灯台はアメリカ全土の中でも「最も風が強い場所」に立つ灯台といわれるだけあるからか、この日も風が強い強い。
    そして寒い寒い
    薄いウィンドブレーカーだけで行ってしまい大失敗。
    (訪問の際は防寒着を持っていくことをお勧めします。)

    駐車場まではホノボノと牛が柵もなく放牧されていました。
    「牛飛び出し注意」みたいな看板もありました。
    その先に駐車場。
    P1010157.jpg
    小さな駐車場なのでお昼前にはいっぱいになってしまいます。
    あぶれた車は路上へ。

    灯台への入り口はこちらから。
    P1010156.jpg
    緩やかな上り坂を登っていきます。
    情けなくも我が家・・・夫婦共に灯台に着くころには足がガクガク

    P1010136.jpg
    途中にこんなベンチが。
    風がビュービューで寒く1分も無理ですが、風が落ち着いて晴れていたらず~っと先まで海岸線が見渡せてキレイでしょうね。
    ちなみにこの海岸ではクジラを見ることができます。
    12月~2月初めと3月~5月の初めがクジラが見られる時期だそうです。
    P1010137.jpg
    途中のお手洗いの前の地面には大きなクジラの絵も描かれていました。

    灯台に向かう前にビジターセンターで一旦休憩。
    P1010138.jpg
    さてここから灯台まで長い階段が続きます。
    P1010140.jpg P1010153.jpg P1010143.jpg
    「30階建ての建物と同じ高さがあるから気をつけてね」・・・は登りのための注意事項だと帰り道に気がつきました。
    途中には右の写真のような休憩所展望台も数ヶ所ありました。
    なんとこの階段、300段以上もあるんです。
    下から見ると番号がふってある!
    P1010150.jpg

    行きはヨイヨイということで軽く階段を下った先には展望台。
    P1010148.jpg P1010147.jpg
    今は右奥に見えるレンガ色屋根の上のオートマティックに変わっているため、この大きな灯台は使用されていないそうです。
    以前はスチームを使って動かされていました。
    ちなみにこの灯台は火曜日と水曜日は見ることができません。
    (階段までは来れるのかな?)

    詳しいことは日にちと共に記憶から消えてしまって「階段が大変だった」という記憶と「風が強くて寒かった」という記憶のみになりつつあるけれど、この日も午後からは晴れていたし、クジラの時期などを選べばまた別の楽しみがあるPoint Reyes。
    時期をずらしてまた訪問してみたいと思う場所でした。
    2012/05/19

    Pescaderoの街

    ヤギチーズの後にお昼を食べようと検索をすると、評判のよさそうなところは全てPalo Altoなどスタンフォード大学の近くばかり。
    ここからは1時間ほどかかります。
    Pescaderoの中心部でランチができるか半信半疑だったのですが、既に12時だったのでPescaderoでお昼をとることにしました。
    これが大正解でした

    Pescaderoの中心部にはGrocery(食料品店)が1件、BBQレストランが1件、あともう1件あったようななかったような、あとは小さなショップが2件くらいかな・・・そんな小ささ。

    チーズ試食の際に結構パンを食べてしまっており、軽く食べたかったのでGroceryでパンとサラダを購入することにしました。
    『ARCANGELI GROCERY CO.』
    DSC03846.jpg
    家族経営な雰囲気です。
    店内はこちらのお店オリジナルの商品が多数。

    なんと!こちらのお店でデリを購入するとお店の裏のベンチでランチを食べることができます!
    DSC03847.jpg DSC03849.jpg
    気持ちがいいし、子連れにはありがたい!
    購入したパンはアーティチョークがゴロゴロ入ったガーリックパン。
    ちょうど焼きたてが登場したのでそちらを購入しました。
    青空の下で時間を気にせずのんびりとランチ・・・贅沢な週末でした
    2012/05/19

    Harley Farms

    ヤギチーズが苦手な私が、ヤギチーズを求めて出かけてきました。
    本当にヤギチーズが嫌いなのか、美味しいヤギチーズに出会っていないだけなのではないかを確かめに。
    ご近所のお友達にもBerkeley Bowlのは美味しかったよという情報を頂いたのですが、残念ながら「やっぱりヤギだわ・・・」という感想で私に合いませんでした。
    「もう自分はヤギチーズはダメなんだな」と決めていたのですが、なんだか諦めきれず農場まで乗り込んだという訳です。
    ・・・というのは冗談で、娘も動物を見て楽しめるかなというくらいの気持ちで訪問しました。
    そこまでヤギチーズにこだわらなくてもいいのでしょうが本当の味を知らずに嫌いと決めてしまうのも残念ですし・・・。

    訪問したのは『Harley Farms』
    ヤギ専門農場です。看板も可愛いです。
    DSC03814.jpg

    大人1人$20を払えばヤギと触れ合ったりチーズを作る過程を見学したりできるそうですが、オンラインで既に1週間前には定員いっぱいになってしまっていました。
    でもこちらのツアーを申し込まなくても柵越しにヤギを見たり、チーズを試食&購入することはできます。
    DSC03832.jpg
    (柵の中にいらっしゃる皆さんはツアーに申し込まれた方)
    DSC03829.jpg
    10日前に生まれたばかりの赤ちゃんヤギです。

    少しの間ヤギと(柵越しに)写真を撮ったり景色を楽しんだ後は売店へ。
    売店へ向かう途中に手洗いコーナーがあり、ヤギの石鹸が置いてあったのでお試し。
    DSC03833.jpg
    ヤギミルクの臭いがするのかと思ったら香りはラベンダーで泡立ちもよく、やさしい石鹸でした。
    (最後の最後まで購入を迷いました~。お値段$18・・・

    さていざ店内へ。
    DSC03815.jpg

    店内にはチーズがずらり。
    パンも用意されていて全て試食できます。
    DSC03834.jpg
    その他にはオリーブオイルや化粧品、農具や靴下などの販売もありました。
    DSC03836.jpg DSC03839.jpg DSC03837.jpg
    せっかくなので全て試食。(娘はパンをたくさん試食・・・。ちなみにパンは1種類なので何度試食しても同じ味のハズ・・・
    一口目の感想は「臭くない!」でした。
    ヤギチーズが苦手なのはやはりあのヤギチーズ特有の口の中に残る香り、くせ。
    それをほとんど感じないのです。
    (実は試食では全く臭みを感じなかったのですが、改めて家で食べるとちょっとだけ感じました。場の雰囲気!?)
    自宅用に2つ購入しました。

    ちょっぴり楽しいヤギチーズ体験でした。
    2012/03/30

    Muir Woods National Monument

    3月30日は「Cesar Chavez Day」ということで祝日です。
    ちなみにCesar Chavez Dayってどんな日だろうと調べてみると「アメリカで初めて農業労働者の労働組合を立ち上げたCesar Chavezという人を称える日」だそう。
    祝日でも休みではない祝日があるややこしいアメリカですが、この日はポスドクもお休みでした。

    夫に「祝日の予定は?」と仕事の予定を聞いてみると「何もなければ仕事に行く」と・・・
    せっかく正々堂々と休める日なんだから休もう!と予定を入れてやりました(悪研妻・・・いえいえ夫の健康を考えてのこと
    とはいえ、やはり午前中は実験を1本やりに行くということなので、近場でリフレッシュできる場所ということでこちらに行ってきました。

    『Muir Woods National Monument(ミュア・ウッズ国定公園)』
    UC Villageから車で30~40分ほどの場所。
    こんな近くに気持ちのいいハイキングスポットがあります。

    ずっと訪問したいと思っていたのに、訪問しようと思うと天気が悪かったり寒かったりでなかなか機会がありませんでした。
    かくいうこの日も曇りの天気予報。
    直前まで迷ったのですが、とりあえず行ってみて雰囲気だけでも味わおうと訪問を決意しました。
    自宅周辺は曇り空でしたが、北上するほどに天気がイマイチに。
    Freewayを降りるとすごい霧です
    前の車がかすかにしか見えません。
    IMAG0297.jpg
    こんな天気でも祝日のせいか駐車場は満車で、車を停めるのに少し時間がかかってしまいました。

    こちらは入場料がかかります。
    大人1人$7、15歳以下の子供は無料です。
    でもこちら、国立公園の年パスがあれば無料で入ることができます。お持ちの方はお忘れなく!
    P1010085.jpg P1010086.jpg
    周辺地域よりも寒いので服装は少し暖かめがいいと思います。
    我が家は冬用のジャケットを持参しました。

    ちょうどお昼時だったのでまずは入ってすぐのカフェでランチをしました。
    P1010091.jpg
    座席数は少ないのですが少し待てはすぐに座れますし、こういう場所なのでみんな相席をしていました。
    サンドイッチやスナック、温かいスープなどがいただけます。

    お昼を食べている間に雨が降り出しましたが、傘をさしながらのんびり舗装されたルートのみを歩いてみることに。
    ちなみにこのMuir Woodsは車椅子でも大丈夫な舗装されたルートと、舗装されていないルートがあります。
    舗装されていないルートにはアップダウンがあまりないルートと、少しアップダウンのあるルートがあり、それぞれ選んでハイキングをすることができます。
    P1010105.jpg P1010106.jpg
    傘をさして足元を見ながらですが、気持ちのいい森林の香りと空気が体に染み込んできます。
    結構皆さん大きな声で話をしながら歩いていてそれが少し残念でしたが、毎週でも訪れたくなるほどリフレッシュされます。

    Muir WoodsはRed Wood(セコイア)で有名な公園です。
    セコイアはスギの種類ですが、シロアリや火事などに強いことから住宅材として重宝され乱伐され、今では北カリフォルニア沿岸部でしか見ることができないんだそうです。
    セコイアが自生する山では定期的に山火事が起こるんだそうですが、これはセコイアが生きるため・増えるために大事なことだそうです。
    (下草が増えすぎない、種子が熱で落ちる、種は山火事の後の灰で発芽するなど)
    そういえばヨセミテを訪問した際に山が燃えた後を見ました。
    山火事があったのかと驚きましたが、これは人為的に燃やしたもののようです。

    樹齢の中心の文字が見えなくて残念。でも次の円が西暦1100年というのだから相当なもの。
    P1010093.jpg

    帰りに入り口付近で鹿の群れを見ることができました。
    P1010112.jpg
    次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。