研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012/11/12

    入院中のこと(二人目)

    今回入院した部屋は窓の大きい個室でした。
    前回は二人部屋を個室利用していました。)
    以前の日記で付き添いは1人まで宿泊可能と書きましたが、子供なども一緒に宿泊できるようです。
    今回は娘は両親に預け、夫だけ娘を寝かしつけた後に病院に泊まってくれました。
    個室なのでエクストラベッドがなかったのですが、ナースに聞いたらすぐにソファーベッドを持ってきてくれました。

    前回は昼夜関係なく常に人が出入りしているイメージがありましたが、今回はナースが交代するごとの私と息子のチェック以外はあまり部屋に人が入ってきませんでした。
    お陰で夜は少しだけ眠ることができました。

    2年前と変わったこと。
    入院中の食事が残念になっていました。
    以前はメニューが選べましたが今回は選べず・・・しかも味がかなり落ちていました。
    ナースが夜中に持ってきてくれたサンドイッチとスナックの方が数倍も美味しかった!
    前回もらえたクマさんのぬいぐるみはなくなっていました。
    (サービス会社が変わったのかな?どれも冷凍インスタントのような味と食感でした・・・
    IMAG0809.jpg IMAG0816.jpg IMAG0817.jpg


    退院時に病院からいただけるグッズも少しだけ変わっていました。
    内容はほとんど同じですがバッグがマザーズバックに。
    P1010648.jpg

    出生届の手続きは前回は入院する部屋まで担当者が来てくれましたが、今回は担当者の部屋へ夫が行き手続き書類をもらう形に変わっていました。

    そしてそして一番前回と違うこと。
    今回は午前中に出産したこともあり、1泊で退院できました!
    上の子がいる私にとってはとてもありがたかったです。
    2日目のお昼に産婦人科のドクターの診察を受け退院OKを頂き、なんと出産した翌日に自宅に帰りました。
    今回はどんな気持ちになるのかと思っていましたが、娘の時と同様に昨日通った道を息子をつれて帰っていることに胸がいっぱいになりました。


    親や姉妹が側にいないアメリカでの妊娠・出産。
    大きなトラブルがなかったからこそ「良かった」と言えるのだと思いますが、それでもやはりご近所のお友達や夫の支えなしにはあり得なかった私のマタニティーライフでした。
    こんなに何もトラブルなく2度も出産できたのは奇跡だと思っています。
    お世話になった全ての方に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    スポンサーサイト
    2012/11/08

    検診(二人目)38w2d

    前回、子宮口が開き始めていると言われていたので今日の検診があるのか半信半疑でしたが、結局普通に受診してきました。
    ドクターも「まだ妊婦ね~」と。

    いつも通り尿検査・血圧・体重測定のあと、ドクターにより心音確認と子宮底長測定、そして今回も内診がありました。
    こちらのクリニックは正期産に入ると毎回内診があるようです。
    内診の結果は3cm超とのこと。
    1週間前より少し進んでいます。

    2人目出産だからか不安はあまりないのですが、いつ陣痛が起こるのか・・・娘を抱えて病院に行くことを考えるとそこが一番気になります。
    そこで念のため「予定日前に計画分娩は可能か」ドクターに聞いてみました。
    不可ではないそうですが、やはりThanksgiving前ということもあり希望者も結構多いそう。
    ドクターの回答は「診たところ恐らくそんなに先にはならないと思うから次回の検診までに生まれなかったら相談しましょう」ということになりました。

    さて・・・次の検診はあるのでしょうか。
    2012/10/30

    検診(二人目)37w0d

    今日から正期産・・・いつ産まれてもいい週数に入りました。

    いつもどおりの検査に加え、今回も内診がありました。
    子宮口は2~3cm開いているとこと。
    ナントカdownが60%と言っていましたがちょっと聞き取れず(しかも娘に気を取られていたので聞き返せず)でしたが、下がっているとかそんな感じだったのかな。

    ドクターからは検診はあと3回と言われました。
    予定日の予約が最後で、その後は誘発分娩の予定を決めるのだと思います。
    娘の時にかかっていたミッドワイフは2週間超過までは自然分娩だったのに対してドクターでは違うなぁと感じました。

    夫がどんな状態になったら連絡すればいいかを確認したら、初産は4~5分間隔で連絡だそうですが、経産婦は5~10分間隔で連絡だそう。
    今回も前者だと思っていたので確認して正解でした。
    もちろんその他、破水や胎便の混じった破水は即連絡です。
    (ちなみに破水も高位破水程度の少量の場合は、即連絡ではなく様子を見ながらというのがアメリカ式。)



    さて、先日こちらでで知り合った日本で産婦人科医をされている方に、子宮口の開きと張りと予定日との関係を聞いたところ「経産婦は早めに開くことが多いけれど、それと張りと安静と出産日の早さの因果関係は確立していない」と伺い「意外とそう言われた方が予定日超過の誘発だったりすることもある」と教えていただきました。
    それを聞いて急に安心感。
    ちょっと早く産まれてしまうのかと期待半分ドキドキ半分でしたが、恐らくそこまで早まる予感がしなくなってきたので、たとえ早まったとしてもその日までノンビリ日常を過ごせそうな気がします。

    2012/10/23

    検診(二人目)36w0d

    今日から臨月(10ヶ月)に入ります。
    やっぱり2人目はあっという間です。

    今日も体重測定・尿検査・血圧測定、そしてドクターからは子宮底長測定と心音の確認のみ。
    もしかしたら前回子宮口が開いていると言われたので内診があるかと思いましたが、やはりアメリカ・・・最低回数しか行わないようです。

    前回「安静に」と言われたものの、安静の度合いが分からないのでドクターに確認しました。
    すると「37週前の出産は早産になってしまうため、子宮口などの状態から少し生活をセーブする」程度だったことが分かりました。
    日本でいう「安静=横になっている」ではなかったよう・・・。
    夫が1週間休みを取ったと言ったら、ドクターは笑って「あなた楽できてよかったじゃない」と言っていました。

    張りの回数が多いと私が伝えたためのアドバイスだったようで、やはり張りが多いのは37週までは気をつけた方がいいようです。
    ・・・となると結局、夫はもう1週間自宅勤務を続けることになりました。
    娘の公園は私が行けますが、自宅から公園までの間に追いかけたり抱っこになることが多いため、夫の送迎付きでの公園にすることにしました。
    夫は公園に私たちがいる1~2時間の間、集中して仕事ができるので先週よりマシかな?

    歩き回る買い物はあと1週間控えますが、重いものを持つような家事以外は今までどおりできそうです。

    先週は「もう1~2週間のうちに産まれてしまうのではないか?」と慌てたのですが、今日確認した内容だと期待していた“予定日より早めに産まれる”という可能性はそこまで高くないのかな?と気になります。
    娘の時は予定日超過でしたが、年の近い2人目となるとやはり臨月の状態が長く続くのはとてもしんどいので、37週に入ったら今まで以上に活動して予定日前出産を目指したいものです。

    2012/10/16

    検診(二人目)35w0d

    今回から1週間ごとの検診となります。
    いつ通り「体重測定・尿検査・血圧測定・心音の確認・子宮底長の測定」の他に、今回は「B群溶血性連鎖球菌」の検査と「内診」がありました。
    娘の時にはなかった内診ですが、ドクターの診察では臨月の頃に1回行うところが多いようです。

    内診の結果・・・なんと既に子宮口が少し開き始め柔らかくなっているとのこと。
    しかも赤ちゃんも下がっていると言われてしまいました。

    正期産まで後2週間。
    今のままでは後2週間以内に産まれる可能性もあるので、生活をセーブして安静(take a rest)にするように言われてしまいました。
    そしてベビー用品の準備がまだだったら早めにしておくようにとも言われてしまいました。

    まさかの診断にちょっと実感がわかず「上の子がいるから難しいけれどね~」なんてドクターとも談笑をして検診を終えてしまったのですが、帰宅してから夫と「安静ってどの程度!?」と悩んでしまいました。
    寝ていなければいけないのか、買い物・ランドリーなどの重たい仕事を避ければいいのか・・・。
    とりあえず夫は自宅勤務に切り替えることにし、次回1週間後の検診で再度ドクターに確認することに。
    私もお腹が張らないように家の中を中心に生活をすることにしました。
    (今までは1日2回公園に行っていたので後援中心の生活でした

    アメリカでは毎回超音波もありませんし、追加で超音波を行ったとしても体重の計測はしてくれません。
    今どれくらいの大きさなのか分からず不安でもありますが、「お腹の1日は保育器の1週間」という言葉を聞いたので、1日でも長くお腹にいてもらえるように頑張らなくては。

    親が近くにいない海外での出産、しかも歳の近い上の子がいる2人目。
    こういう事態だけは避けなければと思ってきたのに、最後の最後で問題勃発です。
    次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。