研妻のBerkeley日記

    夫がUC Berkeleyで研究修行。そんな夫に同行する妻の徒然日記。
    --/--/--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010/11/16

    OLD TOWN@サンディエゴ

    メキシコの国境まで電車で中心部から1時間以内で行けるサンディエゴ。
    OLD TOWN
    (このようなトローリーと呼ばれる電車でメキシコ国境まで行けるんです

    当然街中にはメキシコ料理店やらメキシカンの香りのするお土産をたくさん見かけます

    我が家も一時メキシコ行きを計画していたのですが、スケジュールの都合で断念。
    代わりにダウンタウンの北にある「OLD TOWN」というところへ行きました。
    OLD TOWN OLD TOWN

    こちらはスペインから移入した人たちが最初に教会を建てた場所で「サンディエゴ発祥の地」と言われているそうです。
    その後スペインから独立したメキシコ人のコミュニティがあった場所。
    そのためメキシコ料理店などが軒を連ねるメキシコタウンとなっています。

    お昼も少し過ぎていたのでまずはランチ。
    ホテルでもらったパンフレットに載っていたお店『Casa Guadalajara(カーサ・ガタラハラ)』へ。
    OLD TOWN OLD TOWN

    店内とテラス席が選べたのですが、天気もよく気持ちがいいのでテラス席を選択。
    さすがにサンディエゴといえど11月なので日蔭は冷えるのですが、ほんのり暖房がたかれていました。
    OLD TOWN OLD TOWN

    席に着くとメニューと無料のタコスチップスが運ばれてきます。
    これがと~っても美味しくて手が止まらなくなってしまうほど。
    料理が来る前にお腹がいっぱいになってしまいそうです。
    OLD TOWN

    ラップサンドとエンチラーダというお料理を注文。
    OLD TOWN OLD TOWN
    香草が苦手な我が家はラップサンドのドレッシングに入っている香草の味がちょっとキツかったです。
    エンチラーダは溶けたチーズがたっぷりかかっていて見た目以上にボリュームがあり美味しかったです。
    トルティーヤの中には緑色のチリが入っていましたが、種がしっかり抜かれていたのでそこまで辛くはなかったです。

    ちなみにこちらのお店はマルガリータが有名だそうです。



    ランチの後はOLD TOWNを散策。
    メキシコ雑貨を見たりしました。
    骸骨がたくさん。
    メキシコでは骸骨は「恐怖・死」ではなく「ユーモアで身近」な存在なんだそうです
    (骸骨の置物に名前を入れて恋人同士が贈りあったりするんだとか)
    OLD TOWN OLD TOWN


    メキシコではサンタもラテンな感じなんですね。
    OLD TOWN

    スポンサーサイト
    2010/11/13

    Sushi Ota@サンディエゴ

    ガイドブックで「イチロー選手などメジャーリーガーが遠征の度に訪れる寿司店」と紹介されており、普段海外旅行では和食店にはあまり寄らないのですが、Berkeley近郊では美味しいお寿司のお店があまりないので、今回夫と「絶対に行こう!」と決めていました。
    『Sushi Ota』
    Sushi Ota Sushi Ota
    バスを使ってもアクセスできるのですが、せっかく車を借りている今日行くことに。

    ネットで調べていると予約必須のようですが予約せずに来てしまい、待つのを覚悟でお店へ。
    5時開店で6時頃到着したのですが、2名でも入店できるのは7時と言われてしまいました。
    それでも食べてみたいということで7時の予約を入れたのですが、なんと…偶然カウンター席が2席空き待たずに入店することができました

    カウンター席のため板さん方とお話ししながら注文できます。
    Sushi Ota Sushi Ota

    メニューにはない今日のオススメなどを教えていただくと「シマアジ」「イワシ」がオススメだとか。
    またサンディエゴは「ウニ」が美味しいんだそうです。
    お任せ刺身もオススメして頂いたのですが、車の運転があるため今回お酒は我慢のため、いきなりお寿司からスタートしました。
    お任せ寿司と夫の好きカマ焼き(3種類)の中から「かんぱち」を注文。
    Sushi Ota Sushi Ota
    身がたくさん付いている上に美味し~
    お隣に座っていた常連の地元のご婦人は「15年こちらに通っているけれど初めて見た!これは何?」と聞いていて「魚の頭ですよ。頬のあたりの身は美味しくて、日本人の中には目玉も好んで食べる人がいるんですよ。」と説明を受けていました。
    まさにその時夫が目玉を美味しそうに食べていたので、思わず私は「うちの夫は目玉が好きで今食べたところよ」と声をかけると、楽しそうにいろいろ話しかけてくれました。
    「日本人の方がこのお店にくるとエキサイティングしているのをよく見るわ。本格的なんでしょ。」とおっしゃっていました。

    そうそうそうなんです。
    板さんの会話からお店の雰囲気・お味ともに、全てが大満足なんです
    日本でも東京ならちょっといいお店に行かないとこの味は味わえません。


    さてさてお寿司
    こちらも言葉になりません。
    どのネタも口でとろける程の新鮮さ。
    ネタの厚みもシャリの大きさも握りのかたさも…こちらで修行をして暖簾分けをしている方がいるというのがうなずけます。
    ウニなんてこの甘さは小樽で食べたウニ以来です。
    (実はウニ・イクラなどの魚卵系は苦手でした。好きになったのは社員旅行の小樽でウニ・イクラを食べてからなんです。)
    お任せ寿司についていた「長芋+青じそ+ゆかり」の細巻きも箸休めにぴったり。
    Sushi Ota Sushi Ota Sushi Ota
    シェアして食べやすいように夫と私と半貫ずつお皿にのせて出してくださいました。

    今日は贅沢をするつもりでふんだんに食べたのに、お会計は2人でチップ込みで$100以下
    お酒を飲まなかったとはいえ安すぎます

    スタッフの方もとても親切で(アメリカ式のしょっちゅう「大丈夫?」と聞いてくるのではなく日本式はさりげない心遣いが嬉しい)楽しいディナーとなりました
    ごちそうさまでした
    2010/11/13

    San Diego Zoo@サンディエゴ

    世界的にもその規模の大きさから有名だと言われている「San Diego Zoo(サンディエゴ動物園)」
    飼育動物は4000頭を超え、自然に近い形で飼育されているのが特徴だそうです。
    San Diego Zoo San Diego Zoo San Diego Zoo San Diego Zoo

    こちらではアメリカで唯一のジャイアントパンダを見ることができます。
    日本よりも身近に見ることができると聞き、午後はここで過ごすことにしました。


    ゆっくり見ようと思ったら1日では足りないと聞いたので1-day passチケットに含まれているガイド付きバスツアーにまずは参加。
    2階建てのバスに乗り説明を聞き、途中要所はバスを停止させて動物を見たりしながら30~40分ほど園内を回ります。
    San Diego Zoo
    園内のほとんどの場所を通るのと、2階席を選ぶと動物がよく見えるためこれだけでも十分なくらいの内容です。
    こちらでまずは園内を回り、その後もう一度ゆっくり見たい場所やバスで回らなかった場所を見に行くのがお勧めです。


    私たちは「ホッキョクグマ」「コアラ」「オラウータン」そして「パンダ」をバスツアーの後に見て回りました。
    (あっ…あともう1つ、夫の好きなヘビ
    バスを降りて見て回るときは、園内を巡回している無料のバスか、または1-day passで乗れるこのようなゴンドラがオススメです
    San Diego Zoo



    ホッキョクグマの水槽の入り口にはホッキョクグマについての面白い展示がありました。
    1日に食べる餌(肉)の量が展示されていたり、設置されている体重計にのると「あなたの体重はホッキョクグマの何歳と同じ」などを楽しむことができます。
    ちなみに普通の大人1人くらいならホッキョクグマの生後3ヶ月くらいにしかなりません。
    私たちは夫婦2人乗ってようやく1歳分に。
    San Diego Zoo San Diego Zoo San Diego Zoo


    コアラは1日の8割を寝て暮らすそうで、この日もほとんどのコアラが寝ていました。
    たくさん寝る理由は効率的に消化をするため。
    コアラの好きなユーカリには食物繊維が豊富で消化に時間がかかるからです。
    偶然起きていたコアラ!
    San Diego Zoo


    オラウータンは事前にいろいろ調べていたところ「ここのオラウータンはサービス精神が旺盛で写真を撮っていると近づいてきてくれる」という書き込みを見たため。
    お客さんの前でノンビリしている動物が多い中で、面白い動きをたくさんしてくれました。
    San Diego Zoo


    そしてパンダ
    私が日本で見たパンダはガラスの向こうにいましたが、ここではウエストの高さまでの柵のみ。
    ちょうど食事の時間で目の前で大人と子供のパンダが食事をしていました
    一心に笹を食べる大人パンダに対して、子供パンダは草で遊んだりしています。
    San Diego Zoo San Diego Zoo
    私たちの方向に背中を向けて座っていた姿はとても愛らしくぬいぐるみのようでした。
    San Diego Zoo
    こんなに近距離でパンダを見れるなんて感激です
    こちらだけは観覧時間が4時半までと短く、一度の入場数を制限しているため列ができていますが、土曜日の今日でも20分ほどしか待ちませんでした。

    *おまけ
    パンダの部屋へ行く途中の壁の絵。
    なぜか直立不動のパンダ…そしてドラゴン…
    San Diego Zoo


    どの動物も本当に近く見ることができます。
    San Diego Zoo San Diego Zoo San Diego Zoo San Diego Zoo

    園内ではクジャクが自由に歩いていたのですが、あれは動物園の動物なのか自然のものなのか…。
    San Diego Zoo

    また$5でキリンに餌やりをしたりすることのできるイベントや、動物について学ぶイベントなども毎日たくさん用意されています。
    San Diego Zoo San Diego Zoo


    大人でも十分に楽しめる場所ですし、時間がなくてもバスツアーに参加するだけでも十分満足な場所なので、ぜひぜひサンディエゴに行った際はお勧めしたい観光スポットです。


    San Diego Zoo
    2010/11/13

    コロナド@サンディエゴ

    旅行中、2日目の写真データが突然カメラから消えてしまいなかなか更新できませんでしたが、帰宅後に夫がPCソフトを使ってデータを救出してくれました
    VIVAパソコン関係に強い夫


    2日目の今日はまず「コロナド」へ。
    サンディエゴから橋を渡ったところにある島です。
    島の半分は軍用地だそうですが、サンディエゴのダウンタウン側は有名ホテル『ホテル・デル・コロナド』があります。
    Coronado

    マリリン・モンロー主演の「お熱いのがお好き」という映画が撮影された有名なホテルです。
    2人とも観たことがないのですが、どのシーンでコロナドが使われていたのか観てみたくなります。
    Coronado Coronado


    こちらのホテルの奥にはキレイなビーチが広がり、日光浴をしたり散歩をしている人たちがいます。
    ホテルでは海を眺めながら食事も楽しむことができます。
    のんびりと風に吹かれながらビーチを歩くだけでも気分がいいです。
    Coronado Coronado Coronado

    私たちはカフェでフレッシュ・オレンジジュースを飲みました
    Berkeleyでも搾りたてのオレンジジュースは飲むことができるのですが、やっぱり日差しの強い「これぞ西海岸」という気候の中で飲むからこそ美味しさも増すというもの

    ホテルの中にはオシャレなショップもあり、私はこちらでクリスマスオーナメントを購入しました。
    夫の仕事で希望すれば毎年だいたいこの時期にアメリカに来ることができるのですが、ちょうどクリスマスシーズンに入るため、去年から毎年1つオーナメントを購入することにしています。
    アメリカなどでは毎年1つずつオーナメントを増やして、みんな楽しんでいるようです。
    Coronado 


    こちらのホテル内を散歩しているとハーブや野菜が小さく栽培されているのを見つけました。
    珍しかったのがこちらの「ハラペーニョ」と「ミントチョコ」。
    Coronado Coronado Coronado
    ハラペーニョはトウガラシと同じといえば同じなのですがメキシコが近いのを感じます。
    そしてミントチョコ。葉を触ってみるとアイスクリームのチョコミントの香りがします!
    こんな葉っぱなんですね~

    ホテルの周囲の住宅街もどことなくオシャレで街並みを見るだけでも楽しめました。

    2010/11/12

    fresh & easy@サンディエゴ

    1週間滞在するホテルには冷蔵庫と電子レンジのある部屋を選びました。
    毎食外食だと飽きてしまうので、朝ごはんと夫が会食でいない日の一人ご飯は部屋で食べたくて、家から電子レンジで温めるご飯やみそ汁・ふりかけなどを持参しました。
    本当はキッチン付きのホテルがよかったのですが、迷っている間に空室がなくなってしまったので電子レンジで我慢です

    旅行中は野菜不足になりやすいのでサラダなどを購入したくスーパーへ行きました。
    スーパーもBerkeley近郊にないお店がいいなぁと思い、事前に調査してきました。

    『fresh & easy』
    fresh & easy

    イギリスのスーパーマーケットチェーンTESCOがアメリカで展開したスーパーだそうです。
    実はサンフランシスコにも2~3店舗ありEast Bay(Berkeley側)にも1店舗あるのですが、ちょっと遠いかなぁと思いわざわざ行くことはありませんでした。
    今回サンディエゴにも店舗があることを知り行ってみることにしました。

    アメリカらしくない小分けされた野菜やチンするだけのお惣菜などが豊富。
    今回のような旅行の際にはとても助かるスーパーです。

    オリジナルブランド商品が安く、パッケージデザインがシンプルでおしゃれと聞いていました。
    fresh & easy fresh & easy fresh & easy fresh & easy

    こちらのハーブティーはオーガニックなのに$1.98
    シリアルの箱も可愛い~
    どれも安い上にパッケージデザインがシンプルで可愛かったので、ついつい旅先ということを忘れて大量買いしてしまいました


    ちなみに今回利用したユナイテッド航空の国内線は、受託荷物全てに料金がかかります。
    (ゴールドメンバーなどは除く)
    1個$25でオンラインチェックインの際にオンラインで支払いをすれば$23です。
    そのためスーツケースは1個にまとめてきました。
    持ってきた食材を食べれば今日買った物も入る…かな
    次へ>>

    ■  Profile

    ヨーコ

    Author:ヨーコ
    夫がUC Berkeleyの研究室に行くことになりました。
    夫婦2人の手探りの引越し、そしてアメリカで誕生した娘との3人の生活。
    そんな日々を楽しく綴っていこうとおもいます。

    kentsuma.berkeley@gmail.com

    ■  New

    ■  Search

    ■  Recent Comments

    ■  Archives

    ■  Categories

    ごあいさつ (4)
    渡米まで (22)
    カリフォルニア生活 (310)
    日々の生活のこと (96)
    生活立ち上げのこと (16)
    諸手続き (11)
    語学学校 (4)
    ショッピング (43)
    美味しかったもの (79)
    イベント (37)
    ちょっとお出かけ (22)
    旅行 (52)
    San Diego (6)
    Yosemite (6)
    Reno & Lake Tahoe (6)
    Washington,D.C. (9)
    Mt. Shasta (6)
    vancouver (10)
    Yellowstone&Grand Teton (9)
    夫の記録 (14)
    ハマリもの (9)
    未分類 (0)
    妊娠・出産 (97)
    妊娠中のこと (59)
    ベビー・育児用品 (27)
    出産記録 (11)
    産後の手続き (8)
    妊娠・出産にかかった費用 (0)
    育児のこと (31)
    日々のことなど (8)
    小児科検診 (14)
    子連れ旅行 (8)
    帰国手続き (0)

    ■  QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。